#4340

箱の中のトレンド


ゲームのプレイ日記 備忘録

今年の流行語大賞は「トリプルスリー」と「爆買い」だそうです。
いやー見事に馴染みの無い言葉。爆買いはニュースで見知っていましたが
トリプルスリーはこの流行語大賞受賞のニュースで初めて知りました。
野球用語で、打率三割・ホームラン30本・盗塁30回を達成する言葉だそうで、
特に今年は13年ぶりに達成者が、しかも同時に二人出たということなので
球界としては確かに今年を象徴する言葉なのかもしれませんね。
自分の場合はスポーツ紙面系の情報収集を一切していないので
一年を通して掠りもしませんでしたが。

流行語大賞をざっと振り返るとやっぱり印象に残っているのが2013年です。
この年だけは昼休憩にテレビを見る習慣があったので、
そのおかげで選出された言葉はどれもこれも聞いたことのあった言葉でした。
それ以外はさっぱりで、本当にテレビを見ていないとこういうものって縁遠いんだなとつくづく。
逆に言えば、それだけ流行語大賞そのものが
未だにテレビというメディアありきで決められているということなんでしょうかね。

最近は流行語大賞に対して政治的すぎるという批判の方が目立っているような印象です。
流行語そのものよりも「こんなの流行ってないよねー」というような、
流行語批判で盛り上がることの方が多いような気もします。
こうなるともはや流行語大賞って何なのかというところに行き着くわけですが。
まぁ、ひとつの国の一年間の動静をたった一言で選んで
みんなが納得するわけがないということは、きっと選ぶ側の人も分かっているんでしょうけど。

02時就寝08時起床の今日も睡眠不足のため日中は退屈も相まって結構苦痛でした。
帰宅後のモンハンタイムはというと、今度は採取クエストで大苦戦していました。
“熟成キノコ” を5つ集めるという内容のクエストで、
やっているうちにキノコを食べたオルタロスがドロップすることがあるらしい、
ということは分かったのですが、3個集まったところでさっぱりドロップしなくなり、
またまた無駄な時間を30分以上過ごしてしまいました。
モンハンシリーズはこういう風に攻略法を知らないと引っ張り回されるクエストがいくつかあり、
油断できない気むずかしさはありますが、だからこそ面白いというのはあるかも。
ソーシャルゲーム全般は失敗して課金アイテムを失うのも馬鹿らしい、
という風潮からかもはや攻略サイトで調査してからプレイするのが当たり前になっているし、
開発側がそういうプレイングスタイルを想定しているようにさえ思えます。
もちろんそこには試行錯誤の楽しみがあるわけで、2009年の遊戯王なんかは
随分とそれで楽しませて貰いましたが、
モンハンシリーズはその真逆のプレイングスタイルでこそ楽しめるゲームのように思います。

村クエはようやく★4到達、集会場は★3を片っ端から埋め始めたところで
まだまだこれからという感じのモンハンクロスですが、
とりあえず発売から二週間はWiki等を封印して楽しむつもり。

0

コメントを残す