#4372

新年横臥


今日の出来事 自分


冬休み8日目、08時就寝17時起床。
覚悟はしていましたが、昨日朝方まで遊んでしまったツケで今日は昼間がすべて犠牲になり、
そして夕方以後も21時過ぎからやたらと調子が悪く、
久々に「幻の一日」と言えるようなレベルの非充実な一日でした。
さすがに昨日食べすぎた分が身体に悪影響を与えたのか、とも一瞬考えましたが、
何のことはない、自分はやっぱり一切の制約が無い生活を続けていると
自然とこういう状態に陥る体質というだけなんだと思います。
実際に前回の冬休みも終盤はこんな感じで仕事始めの日は随分辛かった記憶があるし。
というか自分は年始の雰囲気は好きだと昔から思っていましたが、
よくよく考えてみれば年始はいつもこんな感じで体調崩しがちかも。

こういうとき、学生の長期休暇なら一日を捨てて徹夜するといった作戦に出たりもするのですが、
社会生活の休暇はそれが出来ない分しわ寄せが辛いところがありますね。
休みを本当に満喫するための長さとしては、自分にとっては8日以上はもはや長すぎるのかも。
かといって三連休未満では結局一日の重み故に本当に手を伸ばして遊ぶこともできず、
こう考えるとゴールデンウィークくらいの長さが一番良いんでしょうかね。
……と思って2016年のゴールデンウィークを調べてみたら、順当に行けば七連休は確定、
有休一日で翌週末に繋げれば10連休と、今年はかなり長いそうで。
10連休なんて取っても終盤は生活リズム崩壊で無駄に過ごしてしまうだろうし、
と思いつつも、実際に春を迎えたらきっと有休を消化してでも休みたがるんだろうなぁ……。

まぁ、そういうときにこそ旅行計画を立てるのもアリなんでしょうけどね。
自分が何故こういう生活リズム崩壊に陥るのかというと、
そもそもそれが許される環境にあるからで、会社のような「他人の目」が介在する生活なら
不思議とこうはなりにくいというのはここ数年で分かっていることなので、
生活リズムの問題を解決したければ、早い話が家から出ろよと。
自分で自分にそんなことを言うのもちょっと虚しい話ですが、
次の長期休暇は後半はだらだら時間を楽しむのではなくて、
敢えてそこに何らかのおでかけイベントを入れてみるのも検討してみたいと思います。

今日は結局正月分のブログ下書きを書くだけの一日でした (しかも21時時点では完成せず)。
思えばこの冬休みはなんだかんだで執筆作業にかなり圧迫を受けているような。
うーん、やっぱり長文化傾向はもっと深刻に捉えるべきなんだろうか。

コメントを残す