#4409

てのひらの剪定作業


ちょっと前に、懲りずにEvernote関係のアプリを探していたら
ZEN』というiOSアプリを発見しました。
このアプリはとあるノートブックに入っているノートを一覧表示して、
なおかつスワイプ操作で簡単に指定した別のノートに移動できるというもの。
要はメールアプリの受信箱のようなもので、
Webクリップの蓄積方法としてメール受信箱的な使い方をしているユーザー向けのアプリです。

定期的に書いていますが、自分は普段のアイデアやちょっとしたメモは
『StackOne』というiOSアプリ、またはFastnoteというWindowsフリーソフトを使って
Evernoteの「着想受信箱」という名前のノートブックに蓄積するようにしています。
が、ただ書き残すだけでは無尽蔵に溜まっていって収拾がつかなくなるため、
それとは別にアーカイブ用のノートブックもいくつか作って区別していました。
受信箱に入っているものがあとで処理しなければならないもので、
アーカイブに入ったものは基本的にはもう用済みのメモ群といった感じで。
しかしモバイルからはあまりにもノートブック間の移動に手間がかかるので、
アーカイブ化する作業は専らデスクトップでする作業だったのですが……。
まさかこの問題をこんなにストレートに解決してくれるアプリがあるとは。

これのおかげで、着想からその剪定までもモバイルで完結できるようになったわけで。
これは活用しない手はないだろうと。
ただ、欲を言えば「受信箱」と「アーカイブ」の間に「保留」が欲しいような気もしますが。
あと、右に引っ張るとアーカイブ、さらに引っ張るとノートを削除という風になっていますが、
これだとアーカイブしようとして勢い余って削除してしまうということもあるので
この辺ももう少しチューニングしてくれたなぁという気持ちも。
サムネイル表示もメモ剪定のために使う自分にとっては不要なので
表示のON/OFFを切り替えられるようになるとベストかなと。
別に不満があるわけではなく、
自分のニーズにぴったり合うからこそ要望も思い浮かぶというものですが、
ともあれ久々にアップデートが楽しみなツールを発見した一日でした。

ちなみに、肝心のメモ整理は最近ちょっと怠けがちだったりするんですけどね……。
2010年から初めてもうすぐ累積メモ数も1,000枚に到達する着想メモですが、
これからも思い浮かんだものをなるべく逃さずに捕らえられるツールを探していきたいところ。