#4434

ガラスの中の寵児


ゲームのプレイ日記


01時半就寝07時05分起床。
Nintendo Directに備えて早寝のつもりがいつも通りの就寝時間になってしまい、
それでも06時40分に起きるつもりでアラームをセットしたのに5分遅刻というていたらく。
しかしそれでも飛び起きて5分遅れで見ていました。
特に自分的に「これだ!」という見所も無かったので
詳細については公式サイトにお任せすることにします。
今やWii U二大タイトルとして君臨している『Splatoon』『スーパーマリオメーカー』で
もう少し時間を稼ごうという意図が垣間見えたような気がします。
今回で新発表の『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』はシリーズの(にわか)ファンとしては
少し気になるところですが、前々作まで積んでいるんですよね、情けないことに。
とりあえず、当面は既存タイトルで十分かなーというのが正直なところ。
ピクミンの勢いが続く限りはやるべきことはいくらでもあるし、
それが衰えたら衰えたで積みゲーもやまほどあるし、
ゲーム関係は意欲さえあれば当分は選択肢には困らない……はず。

Nintendo Direct終了後、ちょっと早めに出勤して定時退勤。
財布の中に千円札が一枚も無かったので両替ついでにゲーセンに寄り、
そのまま何もせずに店を出るのもアレだし、かといってIIDXをやる気力も無かったので
去年夏以来久々にUFOキャッチャーコーナーを歩き回っていました。
UFOキャッチャー、とひとくくりにして言いたくなるのはそういう世代故なのか、
今は棒を押すものとか、アームが片方しかないものとか、
アームの代わりに釣り針のようになっているものとかいろいろあるみたいで。
そしてそれらのプライズは、
アニメ・ゲーム界やその周辺の流行りを反映しているところが多いように思われます。
今日行ってみて一通り回ってみると、まず『スプラトゥーン』グッズの多さに驚きました。
イカの勢いが衰えていないことは今朝のNintendo Directでも実感しましたが、
こんなところまで侵食していたんですね……。
あとはまぁ安定の『ラブライブ!』率でしたが、これもなかなか衰えないなぁと半ば関心。
クレーンゲームの類はガラス越しだと無性に欲しくなってしまう魔力がありますが、
今はAmazonで検索してみると意外と安価で普通に売っていたりして、
なんだ買えるのか、と思うと急に欲しくなくなったりするのが不思議なところ。
ちょっと検索してみたらいつぞやのしゅうまい君ぬいぐるみもAmazonに普通にありました。
恐るべしAmazon、というかこれだとゲーセンの来客数に影響あるんじゃないだろうか……。

帰宅後は、今週の山場にリリースとなっていたかの『Clash of Clans』シリーズの正当続編、
『クラッシュ・ロワイヤル』にちょっとだけ手を出してみました。
続編というわけではなく完全な別のゲームとなっていますが、
リアルタイムストラテジーというジャンルはそのままで、
前回が非同期の防衛戦が主だったのに対して今回はリアルタイムマッチングの正面激突みたい。
8枚で組むデッキからランダムで4枚のカードを引き、
それぞれが持っているエリクサー・コストを考えながらユニットを召喚していって
相手のタワーを撃沈したら勝ち、というのが主な流れ。
ざっくり言えば『Clash of Clans』から防衛の多様性を省いて、
『Magic :the Gathering』のようなカードゲーム的駆け引きを加えた感じのゲームです。
これはこれでなかなか面白いかも。ただ、文字通り対人戦のみなので、
戦う気力が無いとログインしにくい感はありますね。
ただ突撃させる兵士だけじゃなく、一度に20体も召喚できるカードや
ミニユニットを一定時間ごとに自動的に召喚する「兵舎」そのものを設置するカードなど、
ぶっとんだ個性のあるカードがあるのはとても好印象です。
今のところ様子見という感じですが、片手間にやっているうちにそのうちハマるかも。

コメントを残す