#4462

曖昧な入力装置


ここ最近定期的にミニタブレットを買おうかなーなどと思い、
なんだかんだと考えて結局買わないということを繰り返していたのですが、
いろいろ考えたあげく、8型では何をするにも力量不足ということで10型にシフトしつつあり、
今のところ『Surface 3 128GB』に狙いを定めているところです。
もう半年くらいの伏線はあったし、狙いが定まったところで買ってしまえばいいかと
貯金を下ろしてみたのですが、その後やっぱり買うタイミングは今じゃないな、
ということで保留している段階です。
以下、ここに至る経緯を思考整理も兼ねてぐだぐだと。

自分でも正直言って、8型を欲しいと思ったそもそものきっかけは曖昧になってきています。
元々iPhone一台ではまかなえきれない場合にフリーSIM運用で使うサブ機として
大型画面のスマホが欲しいと思っていたのがまずひとつ。
外出時に使うiPadが、Windowsではないために微妙にデスクトップPCの代替として力不足のため
「持ち運べるWindows」が欲しかったというのがもうひとつの理由。
それらを両立できそうな端末として挙がったのが8型Winタブ各種だった、
というのが大まかな経緯ですが、いいとこ取りを重視するうちに選択肢が狭まってしまい、
訳が分からなくなってしまったと。実際SIMフリーを必須条件として絞ると
有効な候補は2016年春現在ほとんど皆無です。

本当に文字通り外出時の文字入力デバイスとして活用したいのなら
確かに8型タブレットで十分かもしれません。これだけでもサイト更新作業はできるだろうし。
でもスペックをもう一段階上げれば出来ることというのは格段に広がるわけで、
また今のご時世テザリングという便利な機能もあるわけで。
果たして8型にしかない携帯性というのはそれを犠牲にするほど重要なのか、
と考え、ようやく「まぁ10型以上でもいいか」というところに行き着きました。
そこで行き着いたのがSurfaceだったのですが、
現行最新モデルは15万円オーバーとかなり高価な上に12型タブレットと大型なため、
さすがにここまでは求めないということで見つけたのがSurface 3と。
これならAmazon価格で8万円程度で、二代目タブレットとして使うには必要十分かなと。
少なくとも、2011年03月に買って大損したネットブックよりは有効な選択肢のはず。

とりあえずAmazon価格をウォッチングしつつ、
他のマイブームとの兼ね合いを見ながら買うタイミングを見極めていくつもり。
今回はあくまでも二代目タブレットとしての位置づけなので、
サブ携帯としての端末は現行メイン端末の二年契約満期を迎える今夏、
また大いに悩むことになるんじゃないかなと思います。