#4466

閑散期の放火魔


えー、どういうわけか明日から週末までの出勤時間が13時になりました。
それだけならどれだけ嬉しいことか分かりませんが、当然それだけでは済むはずもなく。

自分が担当している大型案件は先月29日で年度末繁忙期には一定の区切りが付いたのですが、
去年の繁忙期突入前にちょっと関わっていた別件が
04月11日の最終締め切りを前にして空前絶後の大ピンチとなっており、
まぁ、薄々といずれ何らかの形で尻ぬぐいはさせられるんだろうなとは思っていたのですが、
もう既存メンバーで定時までやるだけではどうにもならないからと、
夜も勤務できる人間が必要ということでついに自分にも白羽の矢が立ってしまったと。
規定通りなら21時までになる見込みですが、ざっと自分なりに現況を整理した感じだと、
そこまでやったところで焼け石に水というレベルの酷さなので
自分がどこかで犠牲になる日が来る可能性も否定できず……。

何でこんな事態に陥っていたのかという追求はここではするべきではないと思うのですが、
一言だけ言わせて貰えば、管理者が現実逃避をしていなければ
少なくとも締め切り一週間前になって慌てふためくという現実はあり得ないはずで、
そこばかりは社会人として未熟な自分でさえ、一種のどうしようもなさにうんざりします。
せめて一ヶ月前から騒いでいれば手のうちようはあっただろうに。
辞める辞めないといういざこざも繁忙期を超えてちょっと落ち着いてしまった感がありますが、
この年度末最後の壁で、もう一度ぶり返すことになるかもしれません。

何はともあれ、とりあえず目先のことだけを考えれば
明朝は休日と同じ感覚で寝ることができるので、朝はかなりスッキリできそうです。
また今夜は少なくとも03時までは起き続けても支障なく、
明日のことを考えて夜更かしを切り上げないといけないということもないという意味では
なかなか貴重な平日夜なのですが……
19時半から22時まで昼寝のあと、ぐだぐだとブログ下書きを片付けつつ過ごしていたら
いつの間にか24時半近くになってしまっており
がっつりと何か作業するでもなくいつも通りのルーチンで終わってしまいそうな予感。