#4475

非常事態の浮き沈み


帰宅夕食後、いつものようにまずはTwitterを確認しに行ったら、
数十秒前に起きた地震でタイムラインが騒然としていました。
震源地は九州・熊本県で震度7 (M6.4)、震源の深さは10km未満、津波の恐れはないもよう。
震度7は『阪神淡路大震災 (1995年01月17日)』、『新潟県中越地震 (2004年10月23日)』、
『東日本大震災 (2011年03月11日)』に次いで史上4回目 (諸説あり)、
と聞いて、なんだか3.11直後の頃を思い出して背筋から頭がゾワッと寒くなる思いがしました。
ただし、今回は津波の心配はないようで、各所もそれは強調していますね。

地震エネルギーは東日本大震災 (M9.0) と比べて格段に小さいものの、
震源が浅いことが大きな揺れに繋がった、いわゆる直下型地震のようです。
中越地震のときと同じく頻繁な余震があるようで、さっきから地震速報が鳴り止まない状態。
これを書きながらまた震度6強の余震があったようで、
なんというか中越地震のときの連続余震を思い出しますね……。

NHKが特別ページで地上波のNHK総合をネット配信していたため、
地震発生からしばらくそれを見ながらいつもより数倍早いタイムラインを眺めていました。
自分がフォローしている人はいろんな方面の人がいるのですが、
ほとんどのツイートが地震速報や関連情報のRTと地震に対する率直な感想で埋め尽くされる中、
あえて「(地震なんてどうでもいいから) 自分はこれをやるよ!」
的なアピールをするアカウントがとても浮いていたのが気になりました。
別に、地震以外のツイートをしないべき、などという結びをするつもりは全くありませんが、
敢えてそういうメインストリームから距離を置く宣言をする心理って何なんだろうな、と。
Twitterは自分が見えるタイムラインは自分にしか見えないので、
そういう意味では何を言っても主観的意見でしかないし、
その人から見えているタイムラインが分からない以上何とも言えないのですが……。
ちょっと前の (あるいは今現在の) 自己顕示欲に溢れている自分と重なるところがあって
モヤモヤするところは正直あります。

あと、今回の地震で例の旅行計画を白紙撤回するつもりはありませんが……。
本当にいいのか? と少し考えるきっかけにはなりました。
熊本で余震が連打される中、さりげなく関東地方でも地震が起きたりしていますしね。
まさか、とは思いますが、まったく「万が一」の可能性が無いのが怖いし、
それは実家に住んでいる現在だって他人事では無いんですよね。
中越地震のときを考えると、今後もしばらくは余震が続くと思われますが、
くれぐれも今以上の惨事が起きてくれませんように……。

と、いうわけで今日は21時半頃の地震発生から25時過ぎまでずっと地震ニュースを追っていて、
帰宅後にやろうと思っていた諸々のタイミングをすべて逃して今に至ります。
最近の生活リズムだとあと3時間近くは眠れないのでしょうが、
何にせよ今日は地震が頭にちらついて何事も集中出来なさそうです。