#4486

足踏みの怠惰心


空想


昨日分の記事にはGW旅行計画決行を間近に控えて
「いつもの自分らしからぬ計画」に対する抵抗感に悶々としている気持ちを
ぐちゃぐちゃと書き殴ってしまいましたが、
おかげさまでこの件についてひとつの落としどころを自分なりに見つけました。
そうだ、これは旅行の練習のための旅行なんだと。

もともと会社を辞めたら自由奔放に旅をしようと思っていたのがはじまりだったのが、
ゴールデンウィーク10連休という、非日常的ではあるけれど所詮は有限の時間制限に捕らわれて
「何泊以内にこことここを廻らなきゃ」という気持ちばかりが先行してしまっていたようです。
そもそも今春に会社を辞めることはいろいろあって叶わなかったわけで、
じゃあ当初予定規模をそこまで尊重する意味もさほど無いじゃないか、と。
何しろ “本番” はもっと先にあるのだから。

それと同時に、ここまで曲がりなりにも準備を進めることで
旅行の諸々に対する経験値が少なすぎるために選択肢が狭まるもどかしさがあることを確信し、
一人旅に出るための一人旅が自分には必要なことに気付きました。
つまり段階を踏む必要があると。
その記念すべき初段階を豪華絢爛なものにしたい気持ちもまとわりついては来るのですが、
それに沿う限り永遠に謎の不安感に苛まれ続けながら旅行計画を組むことになるし、
それは自分にとって本意じゃないだろうと。
というわけで今回は旅行はしますが綿密な計画は立てず、当初5泊予定だったルートも
4スポットに絞り込んで1~2泊くらいにまとめた案を採用する方針で行きたいと思います。
ただもう完全に各種予約は出遅れた感があるので、
ようやく気持ち的に納得感のある方向性を見つけたところで、
実現できるかというと微妙のような。

問題は平日に一切の計画が進まないまま過ぎ去っていくことなんですよね……。
この四日間の平日はGWへのラストカウントダウンであるわけで。
そんな初日の今日は05時半就寝08時起床、予想だにしなかった突発的な締め切りに翻弄され
帰宅は21時半でした。明日こそは……ってもう何日言い続けているんだろう。
正直、GWそのものに時間的猶予はあるであろうことに捕らわれて、
その前の準備期間がいつも通り切迫した日々であることをあんまり意識していなかったために
心の切り替えが上手く行っていない感はあるかも……。

コメントを残す