#4506

白紙のメッセージボトル


最近また自分の中でTwitterが低迷し始めているので、
その代わりになるよさげなネットコミュニティを探すべく、いろいろと徘徊していました。
が、結果的には「これだ!」と思うようなアプリ等は見つかりませんでした。

最初に行き着いたのは『Arrow』というwebサービスでした。
これは、いわゆるボトルメッセージのように
自分の発言がランダムに選ばれた一人にのみ配信されるというもの。
誰かは分からないけれど大抵発言を投げるとすぐにレスポンスが返ってくるので、
かまってちゃん志向が強いときには心強い味方になるかも?
と最初はかなり期待していたのですが、対応アプリは7~8年前レベルのクオリティで
到底使いやすいとは言えず、コミュニティもやや年齢層は高めといった感じで
Twitterのような幅広さは感じられませんでした。
レスポンスも、返ってくることは返ってくるのですが、
見ず知らずの相手にたった数行のメッセージで真意を伝えるのは難しく、
真面目な投げかけになればなるほど的外れな回答が帰ってくるもどかしさがあります。
サービス自体はとても面白いアイデアだと思うんですけどね。
いっそのことこういうランダムメンション的な仕組みをTwitterが取り入れてくれないかなぁ……。

他にも掲示板的なwebサービスにいくつか潜ってみましたが、
軒並み平均年齢層が低めということもあって初っぱなから拒否反応が出てしまい、
ほとんど活用できずに終わってしまいました。

Twitterのメインアカウントで行き詰まったらアカウントを作り直すのも手だとは思うのですが、
そこに考えが至ると大抵「そこまでして発信したいことがない」というところに行き着き、
結局現状維持が一番ということになるんですよね。
要するに、「何か」を吐き出してスッキリしたい、それを承認してくれる場が欲しい、
と思い詰めている割には肝心の「何か」が分からないのが現状なんじゃないかと。
ゲーム一筋で思春期を過ごしたことの弊害なのか、
趣味を幅広く持つとこういうときに救われたりもするんだろうなぁと思ったりもします。