#4510

自分監視生活


今日の出来事 自分


今日は24時半くらいまでに寝たい気分なのでなるべく20分以内に書けるように頑張ります。
ということで03時就寝08時15分起床、忙しくもなく暇でもない平坦な一日でした。
今週は全体的に暇だからということもあってかやたら一週間が長く感じられ、
こういうときの木曜日のつらさというものはまた特別であることは
もう何度も書いているわけですが、今週は久々にそれを体感しているところです。

木曜日が心の底からしんどいと思うことは、
裏返せば週末を楽しみにしているということでもあり、それはそれで良い傾向なんですけどね。
本当に旅行以前のどん底期は休日突入になんの感情も湧かなかったし、
かなりの鬱状態だったんだなぁと改めて思います。
旅行で綺麗さっぱりそれが無くなったわけではないしまだ戦っている最中だと思うのですが、
「いざとなったら県外に遊びに行けばいいか」
という逃げ場を作ることができたのは、気持ち的にはかなり大きな収穫だと思っています。
というかもうさっそく次どこか行きたいくらいの勢いなんですが。
三連休さえ確保できれば、隣県くらいなら低コストで行けなくもない……?
まぁそれでも今月来月は財布事情を鑑みて控えておくべきか。

結局のところ、先月末の気落ちは自己顕示欲が詰まっていたのが原因じゃないかと思っていて、
その辺は直近の “独り言” に書いてもいますが、
(1) 見聞きする情報、ストレス量に対して圧倒的に少ない「話す機会」と「他人からのレスポンス」、
(2) ブログや週末計画等学生時代からの自分ルールに起因する
「考えたものはすべて書くべきだ」「書いた以上は極力実行するべきだ」
という思考プロセスから生じてしまう生活に対する束縛、
(3) 自分を客観視できるようになったことで浮き彫りになる大量の「修理箇所」の発生、
という三つの原因があるんじゃないか、と妄想の自分は言っています。
いつからこういう風に反省点というか自己分析的なことを書くようになったんだろう、
という素朴な疑問は置いといて、まぁおそらくはブログが諸々の遠因になっているだろうから、
これを良い方向に舵を切るのが目下の課題だろうというところに行き着いています。
一日一本 “今日の出来事” を書くことが自分自身の監視に繋がっていて、
それが悪い作用をもたらし始めているのではないか、と。

今まさにこの悩みは発展途上で文字に起こすには早すぎる段階ではあるのですが、
試しに今日は不格好でも無理矢理文字に起こしてみました。
こんな風に完成を待たずに書けることを本腰入れて実践する時期が来たのかも。
大学院時代も似たようなことを延々悩んでは結局明快な解答は得られませんでしたが、
果たして今回はどうなることやら。
週末になったらこの辺じっくり考える時間を取れたらいいなぁ……。
こういうときに、是非とも取らなきゃダメだ、と思っちゃいけないということなんだろうなぁ。

20分経ったのでこの辺で切り上げて寝ます。ようやくあと一日で週末か。

コメントを残す