#4529

幻想の起点


一ヶ月前の東京旅行以来、ちょくちょく東京に居る夢を見ます。
そういえばもう一ヶ月も経ったんだなぁと、
おそるおそる旅行のことを振り返ってみることもある今日この頃です。

結果的にギリギリ10万円を切るコストで実現した人生初の一人旅で、
幻想でしかなかった東京という場所をもう少し具体的にイメージすることができるようになり、
それだけでもそれなりの価値はあったと信じていますが、
まぁ改めて考えると一日の長さを量り間違るという失敗だけは認めざるを得ないところで、
あとは繁忙期で負った心理的負担が癒えない段階での決行だったということもあり、
やや落ち着いてきた今改めて振り返ってみると、
時間の使い方という点だけ見ればかなりの本末転倒だったなぁという印象が無きにしも非ず。
何を持って「満喫した」と言えるのかと言われると難しいところですが、
大学院時代に妄想していた旅行を満喫するための最低条件は時間を忘れることだったはずで、
その辺の初心が抜け落ちていた感じは否めません。
とはいえ、せっかく旅行中なのに暇になったからゲームしてた、
などということになればそれもそれで問題なのですが。

次にこういう機会があるとすれば、5泊18万円くらいが目安ですかね……。
2006年沖縄旅行で言うところの美ら海水族館、
今回の東京旅行で言うところの国立科学博物館のように、
「これだ!!」と言えるような注目スポットを軸にマイナーどころで固めたいところ。
というか今回の旅行で行けなかったところも数多くあるので、
単純に低予算短日数でのリベンジ東京旅行もアリなんじゃないかと思っています。
ただどちらにせよ平日休みは必須になりますが。
東京の人混みが時間コストをあれほど脅かすとは思っていなかったですからね……。
何らかの職に就いている間はどうしても限界があるということなんだろうなぁ。