#4536

E3 2016カンファレンスまとめ


任天堂がE3でのカンファレンスを行わないことが事前に明らかになったことで、
他のメーカーに注目せざるを得なかった今年のE3。
「2016年はVR本格化の年になる」と前々から言われてきた今年は
まさしくVR対応タイトルが初めてお披露目される大舞台でもあったわけですが、
個人的にはそれよりも “オープンワールド” をキーワードとした非VR新作も
十分に注目に値するタイトルであったように思います。
というわけで今年も慣例通りそれぞれの発表を軽くまとめてみました。

◆各種ソース等
E3 2016公式サイト
E3 2016関連記事一覧 – 4Gamer.net
E3 2016 – ファミ通.com
PlayStation – E3 2016 Press Conference (日本語同時通訳音声)
Microsoft Press Confernce – E3 2016 (英語)
IGN Live: E3 2016 – Nintendo Treehouse
PlayStation VR

◆ブログ内リンク
#4168『E3 2015カンファレンスまとめ』(2015年06月16日)

◆[SIE] 2016 PlayStation Press Conference
  VR対応タイトルの発表が注目されたソニーのカンファレンス。
  PlayStation VRは10月13日発売 (44,800円) に決定、
  年末までに50タイトルをリリースとのこと。

VR対応タイトル
(カンファレンス内で発表されたタイトル)
・BIOHAZARD 7 Resident Evil [VR対応 / 2017年01月24日発売予定]
・Farpoint [VR対応 / 発売日未定]
・Star Wars Battlefront: X-Wing VR Mission [VR対応 / 発売日未定]
・Batman Arkham VR [VR対応 / 発売日未定]
・Final Fantasy XV / VR Experience [VR対応/ ]
・Call of Duty: Infinite Warfare [VR対応 / 2016年11月04日発売予定]
・Eagle Flight [VR対応 / 発売日未定]

(カンファレンス未発表のVR対応タイトル)
・THE PLAYROOM VR [2016年10月13日発売予定]
・JOYSOUND VR [2016年10月13日発売予定]
・Rez Infinite [2016年10月13日発売予定]
・サイバーダンガンロンパVR 学級裁判 [2016年10月13日発売予定]
・初音ミクVR フューチャーライブ [2016年10月13日発売予定]
・PlayStation VR WORLDS [2016年10月13日発売予定]
・RIGS Machine Combat League [2016年10月13日発売予定]
・Until Dawn: Rush of Blood [2016年10月13日発売予定]
・サマーレッスン(仮題) [海外未発売 / 2016年10月13日発売予定]
・グランツーリスモ SPORT [2016年11月15日発売予定]
・VR Tennis Online [2016年冬発売予定]
・KITCHEN [発売日未定]
・鉄拳7 [発売日未定]
・エースコンバット7 [発売日未定]

  心臓の弱い人お断りのド直球ホラー、バイオハザードシリーズ最新作を始め、
  銃型デバイスとVRの組み合わせで臨場感溢れる体験のできるFPS『Farpoint』、
  ついに舞台は宇宙空間となったFPSの大定番シリーズ『Call of Duty: Infinite Warfare』など、
  一人称視点ゲームがやはり推されているという印象の強いVRロンチタイトル。
  『THE PLAYROOM VR』はPSVR発売と同時に無料でリリース予定となっています。
  また、FFXVは基本的には非VRでのオープンワールドRPGがメインとなっており、
  VRは『VR Experience』という別モードでのみ対応とのことですが詳細は不明。

PS4対応タイトル
・LEGO Star Wars: The Force Awakens [2016年06月28日発売予定]
・Bound [2016年08月16日発売予定]
・Hawken [2016年夏発売予定]
・The Last Guardian/人喰いの大鷲トリコ [2016年10月25日発売予定]
・Skylanders Imaginators [2016年10月発売予定]
・Horizon Zero Dawn [2017年02月28日]
・ABZU [発売日未定]
・God of War [発売日未定]
・Days Gone [発売日未定]
・Detroit Become Human [発売日未定]
・Death Stranding [発売日未定]
・Spider-Man [発売日未定]
・Watch Dogs 2 [発売日未定]

  VR元年のE3でありながらこちらも負けていない非VRゲームの発表タイトル。
  むしろ今年はこちらの方が注目度高かったのではないでしょうか……?
  現実と見紛う程リアルな三人称ハンティングアクション『God of War』、
  退廃した世界でおびただしい数のゾンビから逃げまくる『Days Gone』、
  プレイヤーの選択によって物語が様々に分岐する凶悪犯と対峙するアクションゲーム
  『Detroit Become Human』などなど、
  こちらはFPSに偏りすぎておらず、洋ゲーに疎い自分から見てもなかなか魅力的。
  個人的には去年のE3にも出展されていた
  原始的な世界に機械獣が徘徊する三人称オープンワールドアクションゲーム
  『Horizon Zero Dawn』がかなり気になっています。
  大自然にさまざまな大きさの機械獣が彷徨っている世界というだけでも魅力的なのに、
  それらをハックして乗りこなしたり一緒に戦ってくれるというから凄い。
  注目度でははやりというか小島秀夫監督の新作『Death Stranding』がトップのようですが、
  意味深のトレイラーからは一体どのようなゲームなのか皆目見当が付きません。

◆[Microsoft] Xbox E3 2016 Breifing
  Microsoftのカンファレンスでは新型Xbox『Xbox One S』を発表。
  HDR、4K解像度に対応しながらも40%小型化され、価格も500GB=299ドルと安価に。
  巨大なACアダプタも無くなってスッキリしています。
  北米では今夏発売予定、日本でも年内に発売予定となっています。
  さらにMicrosoftはXbox Oneの上位モデル『Project Scorpio』も開発中で、
  こちらは2017年発売とのこと。

Xbox One対応タイトル
・ReCore [2016年09月13日発売予定]
・Forza Horizon 3 [2016年09月27日発売予定]
・Gears of War 4 [2016年10月11日発売予定 (日本での発売予定は無し)]
・Dead Rising 4 [2016年冬発売予定]
・State of Decay 2 [2017年発売予定]
・Halo Wars 2 [2017年02月21日発売予定]
・Scalebound [2017年発売予定]
・Sea of Thieves [発売日未定]
・Battlefield 1 [発売日未定]
・Gwent: The Witcher Card Game [発売日未定]

  マルチプレイヤーで孤島でのサバイバルや海戦を楽しめる『Sea of Thieves』が楽しそう。
  第一次世界大戦を描いた『Battlefield 1』(注:ナンバリングタイトルとしては12作目)、
  『Witcher 3』に登場するミニゲームを独立タイトルにした『Gwent』など、
  無難なビッグタイトルというよりはやや個性的な向きが強い印象のXbox独占タイトル。
  他にも『鉄拳7』『FFVX』などPS4ではVR対応とされているタイトルも
  Xboxでのリリースがアナウンスされていました。
  ちなみにXbox専用のHMDとしてはE3 2015でお披露目となった『HoloLan』がありますが、
  こちらの一般リリースはまだまだ先になるようです。

◆[Nintendo] TreeHouse @ E3 2016
  去年のカンファレンスに批判が集まりすぎたからか、
  はたまた『NX』の発表タイミングではないと判断したからなのか、
  今年はとことん小規模に留まった任天堂のE3。
  カンファレンスという名目の発表は無く、去年も発表後に延々とやっていた
  開発者による新作実況プレイ配信『TreeHouse』が今年はメインイベントであり、
  任天堂ブースは『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』がほとんど占拠していました。

・ポケットモンスター サン/ムーン [2016年11月18日発売予定]
・ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド [2017年発売予定]
・Pokemon Go [2016年07月発売予定]
・マリオパーティ スターラッシュ [2016年発売予定]
・Ever Oasis [2017年発売予定]

  ゼルダの最新作はシリーズ初のオープンワールドシステムを導入した、
  既存のゼルダに当てはまらないまったくの新作。
  雰囲気としては『ゼルダの伝説 風のタクト』に近いでしょうか。
  ポケモン最新作は最序盤に登場する新ポケモンがいくつか紹介されていました。

*  *  *

ざっくりとした感想ですが、やっぱり任天堂カンファレンスが無いと味気ないなぁと。
TreeHouseは少数タイトルの水増しと言ってしまえばそれまでの内容で、
正直「年一度しかないイベント」と身構える必要性はまったく感じられませんでした。
が、そのおかげで他ハードのタイトルに注目せざるを得なかった今回のE3は、
思いがけず新しい方面のゲームを探す良い機会になったようにも思います。
長年任天堂ファンであり続けた自分にとってはどうしても複雑な気持ちはありますが、
もしかするとこのE3が脱任天堂ファンのきっかけになるかも。

また、今回のE3をVRデバイスを買う際の起点にしようと考えていたのですが、
このままいくと非VRでも魅力的なタイトルの多いPS4+PSVRということになりそうです。
が、まだまだ決定打には欠けるというのが正直なところ。
もう少し様子見か、あるいはVR以外を楽しむ方向で割り切ってしまおうか……。
悩ましいところです。