#4559

萎んでいく願い


毎年七夕はブログに願い事を書くという大義名分で妄想を書き殴る日になっているわけですが。
00時半現在、今週初めて早朝起床から日付変更まで起き続けたので眠くて仕方なく、
今率直に願い事を書くならば「眠気に困らない生活」が欲しいなぁと。

大まかに言って自分が言う願い事的なものは、
心身の回復、他人との関係性の充実化、そして趣味の向上という三つに分けられて、
それらを数年単位でくるくると循環しているような気がします。
やっぱり目の前の悩みの解決を望むのが人の性というもので、
五年先までを見据えて今の自分が本当に欲しいものを見極めるのはなかなか難しいんじゃないかと。
まぁ、同じような生活を続けて早三年目、
いい加減それくらいはやらないといけない段階に来ていることは否めないのですが。
眠気以外で数年後の望みを書いても許されるというのであれば、
生活面ではやっぱり完全自立してWebデザイン/プログラミング系の本意な仕事に就く、
というのが十年来の望みというか目標になるのかなぁ、と。

2000年代後半は割と趣味の安寧と発展を望むことが多かったのですが、
今となってはそれを「願い事」として書くのは何か違うな、と思うようになっています。
この気持ちはどうにも文章化しづらいので何とも言いがたく、
強いて言えばそれでは満足できなくなるほど飽和してきているという可能性と、
なんだかんだで昔できなかったことがここ三年くらいで次々にできるようになっていて
「願い」と言うほど遠い目標でもなくなったから、でしょうかね……。

なんにせよもう少し向上心のある生活を送りたい今日この頃です。