#4572

扁平な日記帳


久々のお仕事日和で21時帰宅でした。
当然昼寝などできるはずもなく、おかげで今日は最初から本睡眠に入れそうなのでさっさと寝ます。
と言いつつすでに24時を回っているのは何故……。
書かないと眠れないのに話題が無いせいでいつまで経っても手が動かないのも辛いので、
今日は「話題が無い日につい書いてしまう、今後はできれば書きたくない話題」
を明文化することでお茶を濁していきたいと思います。

毎日執筆を是とするブロガーたる自分は (そういう呼称は最近どうも好みではないですが)、
しかしやっぱりどう頑張っても話題の無い日はあります。あるんだけど無いんです。
要するに、その一日の過ごし方を誤って最後にブログを書く気力を残せなかったような日。
ネタ帳がゼロになるような事態はもうここ数年見ていませんが、
それらが滅茶苦茶眠いときにも書けるような話題とは限りません。
むしろ、敢えてメモ帳に残すような話題なんてじっくり考えないと進まない話題の方が多いです。
だから結果的に、絞り出してでも書きたいとなったときは
せっかくのメモ帳に頼らない方法で話題を探すことの方が多いというのがここ何年かの傾向です。
いや、むしろもうずっとそうなのかもしれないですが。

気力を残せなかった日に書く作業を邪魔するのは大抵が眠気です。
眠くなるまでのタイムマネジメントが上手く行かなかったというだけで
生活リズムそのものがブログ継続を妨害しているわけではないのでしょうが、
大学時代などは明らかにそういう日もありました。
なので、ブログを書く気力が無いけれど書かなければならない、
といったときに真っ先に出てくるのは睡眠の話です。
現時点で769タグ中一般記事用としては4位に『生活リズム』が入っているほど、
このブログはうんざりするほど睡眠について書いてきました。

二番目に多いであろうものが愚痴、あるいはそれに準じるネガティブ発言の類です。
自己否定もしかり、周辺の理解できない文化もしかり。
以前もどこかで書きましたが、アウトプット作業は気を抜くと否定的意見の方が出やすいです。
だから、ポジティブなことを書くのはそれなりに気力が要るんですよね。
もちろん生産的な批判は大事なのですが、
自分はまだまだ息を吐くように出てくる否定的意見をうまく濾過できるとは思っていません。

あとはその日一日のタイムラインを順番に思い出してそのまま書く、
というのも眠いときは割とよくやる気がします。
これはもはや何も考えなくても書けるのでかなり眠くなっても書けると思います。
が、今日みたいに覚醒時間のほとんどを「書けない何か」で過ごしてしまった場合、
この手段は使えずに悶々とすることになります。

それから2015年頃から多くなっていると思うのが、将来の展望などの妄想の類。
直近の買い物計画といった小さなものから、転職、果ては十年後の話まで、
その日の気分で好きなスケールを選べるのが妄想記事の利点ではありますが、所詮は妄想です。
まぁでもこれら四つの中では一番、未来の自分が読むには良さそうではある……かな?

そういうわけで、個人的な非充実エントリーの四大要素は
「睡眠、愚痴、日記、妄想」です。
しかしまぁ日記的体裁のブログに日記を書くなというのもナンセンスだとは思いますけどね。
別になんでもアリのブログなんだから毎日充実した記事じゃなくてもいいんじゃないかなぁ、
などと本末転倒な結論で締めてしまっていいでしょうか。
というのは冗談ですが、
あまりにも同じようなことの繰り返しでは書き飽きるし長年ブログをやっている意味がないので
なるべくユニークな記事を書くために上の四大要素を書くときはちょっと注意しよう、
くらいの気持ちは隅に置いて損はないのかもなぁ、と。

そういえば最近は「ブログそのもの」についての話題も眠いときに良く書いているような。
今日のこれがまさにそれですが、これもちょっと気を付けます。