#4574

地球で遊ぶ


ゲームのプレイ日記


明日がPSVR予約日ということで、
ここで改めてロンチと同時に買うか否かという決断を迫られていたわけですが、
結論から言えば今回は見送りが妥当だろうというところに行き着きました。
やっぱりゲーム機本体を買うにはきっかけになるソフトがあるべきで、
それに値するVRタイトルが今のところまだ無いという結論に至りました。
Wii Uも『ピクミン3』という大きなきっかけがあったからこそ買ったわけで、
それに匹敵する……と言うと非常に厳しい気もしますが、
少なくとも50時間はハマれるようなタイトルではないとやっぱりコスパの悪さが否めません。
PSVRは今のところ、どうしてもそういう類の「ハマる」ではなく、
新世代のゲーム体験を味わうためだけの贅沢品というイメージが拭えません。
2017年も後半くらいになればもっと本格的なVRタイトルも出揃ってくるだろうし、
その辺で再検討といった感じですかね。

ただPS4単体はE3 2016注目タイトルの存在もあるし、買ってもいいかなと思っています。
別格のピクミンシリーズを除くと個人的にゲーム最盛期で最後にハマった『Minecraft』は
Xbox360 Editionが要求スペックの高まりについていけていないこともあって
一年以上まともにローカルマルチで遊んでいないし、
これを思う存分に、しかも9倍のマップで遊べるのならそれだけでそこそこ価値はあるのかなと。
あと、個人的に今まで敬遠し続けてきたFPSの世界に足を突っ込んでみるのも逆にアリかも。

PS4をアリだと思っているからこそ、「そこまで買うならいっそPSVRも買っていいんじゃないか」
という誘惑に大分悩んでいたわけですが、少なくともロンチのタイミングでは遊べない、
というところに無理矢理着陸してスッキリすることにしました。
何もロンチに拘る必要もないわけで。
まぁ、とりあえずPS4タイトルをもう少し掘り下げて探してみることにします。

それはさておき、話題の『』が日本でもついにサービスインしましたね。
現実世界とリンクした仮想現実世界でポケモンを探す、新しいタイプのゲーム。
日本政府が遊ぶにあたっての注意点をまとめたパンフを公布したり、、
大学などがポケモンGOについてのお触れを出したり、会社が半休になったり、
ポケストップが見知らぬポケモンユーザー同士の交流場所になったりと、
もはや社会現象を飛び越えて世界現象とも言うべき状況になっているこのARゲームもついに上陸。
退社後コンビニに寄ってから自宅へ向かう途中、
もう夜も更けているというのにさっそく何人かスマホを片手に歩く子どもを見かけました。
リリース日当日のこんな片田舎のこんな時間帯で早くもトレーナーと遭遇するとは……。

帰宅後さっそくダウンロード。
自宅周辺にはポケモンジム (ポケモンバトルの勝者が占拠できる陣地のようなもの) が5つ、
今のところチームフリーザーとチームサンダーが2カ所ずつ取っています。
あとはモンスターボールなどを補充できる “ポケストップ” が周辺地図で確認できる限り9カ所。
商店が近くに無い住宅街なので、公園が主なポケストップに設定されているようです。
一番近いところで徒歩2分といったところか……。

もちろんこのゲームは外へ出てナンボのゲームなので、
今日のところは外出していないため当然ながら進んでいません。
が、それでも自宅周辺に突然ポケモンが出てきたりして、8匹ほどは捕まえられました。
どうやら各ポケモンは必ずそのポケモン専用の “アメ” を持っていて、
これを使うことでポケモンのレベルを上げたり進化させたりすることができるようです。
御三家の最終進化なんて一体どれほど歩けば手に入るのか……。
一応、自宅でも “おこう” というアイテムを使うことで静止していてもポケモンが出てくるため、
インドアオンリーのプレイも不可能ではないですが、
しかしやっぱりやるからにはポケストップには行ってみたいところです。
明日、気が向いたら自転車でぐるっと回ってみるつもり。

ただこの手のゲームでやはり不安なのは先日も書いた通りプライバシーの問題です。
ついうっかり汎用ハンドルネームで始めてしまいましたが、
当たり前のように近場のプレイヤーから名前を認識されるようなら
アカウントの作り直しもちょっと検討しないといけないかも。
また現時点ではサーバーダウンのため公式アカウントの作成が出来ず、
やむを得ずGoogleアカウントとの紐付けでやっていますが、
心配ならサーバーが復帰してから本アカウント始動とするのがプライバシー的にも無難そうです。
今のところ他プレイヤーとの出会いはゼロなので何とも言えないところです。

とりあえず、自宅にごく近いところにポケモンジムがあるので、
ここの安定防衛が当面の目標ということになりそうです。目指すは町内一のポケモンマスター。
果たしてこのタイトルは自分に外出の習慣を作るきっかけとなるのでしょうか。

ただ今週は仕事が忙しすぎて週末一連休で確定してしまっており、
満喫できるのも明日だけなんですけどね……。
まぁこういうゲームなら通勤をも利用して遊ぶこともできるわけで、
そんな風に外出そのものを楽しむためのツールにしていけたらなと思います。

コメントを残す