#4575

ポケモンと行く地元再発見の旅 -中央南編-


ゲームのプレイ日記 文化

2016-07-23 16.01.48
04時就寝11時起床、貴重な一連休。
昨日国内でもサービスが始まった『』。
Twitterのメインタイムラインは昨夜から見る限りもうずっとこれの話題で染まっています。
せっかくの一連休ですが、さっそく自分も外に出てポケモンを捕まえる旅に出てきました。
なお従来からの方針で所在都道府県まではブログでは公開してきましたが、
市区町村以下までバラすといろいろと不都合が出てくる可能性もあるので
適当にぼかしながら書き進みます。

気温29度の炎天下の中、まずは最寄りのポケストップへ。
“ポケストップ” は1カ所につき5分に1度、ランダムなアイテムが手に入るスポット。
最初の支給ではモンスターボールが4つ手に入りました。
それらをバッグに詰めていつもの通勤路を走り出し、
一定間隔で立ち止まって『ポケモンGO』を起動してみると何やらポケモンを発見。
さっそくモンスターボールを取り出し、フリックで投げるとあっさりゲット。
初めて捕まえた野生のポケモンはドードー (CP:30) でした。
最初はしばらくこの調子で続けていましたが、
適当なタイミングだとポケモンがいたりいなかったりするし、
何よりもアプリ起動でかなり時間を食ってしまったりと効率の悪さが否めませんでした。
そこで次に進む前にいろいろいじってみた結果、

・スマホは『ポケモンGO』を起動したままスリープしない (自動スリープは切っておく)
・アプリ側のBGMをOFFにしてミュージックアプリ側でBGMを再生
・バッテリーセーバーをONにする
・マナーモードを切る
・Bluetoothヘッドセットを装着

というスタイルが一番安定するようなので、これで行くことに。
これなら重要なタイミングで必ず通知音を送ってくれるので、
Bluetoothで通知音を受け取るようにすれば
スマホ自体は極端な話バッグにしまってしまっても問題ありません。
あとは通知音が鳴るまでひたすら走るのみ。
巷でいろいろ言われている歩きスマホも、基本的にはバッテリーセーバーがあれば必要ないです。

2016-07-23 14.07.56
まずは近所で一番大きい公園へ。
ポケストップは駐車場入口にまず1カ所、入ってすぐの広場にある像と謎のモニュメントに
ほぼ隣接する形で2カ所あり、さらに公園を奥に進むとさらに数カ所ありました。
自転車禁止区域なので自転車は駐輪場にとめて歩くのですが、
公園散策ではそれほどポケモンを見つけられませんでした。
駐車場でコイキングと、あとはケヤキ通りでニドリーナを捕まえたくらいか。
ただ、これは『ポケモンGO』とは関係無いのですが、
11年ぶりの自然公園は巨大な木が沢山生えている道を歩いているとさながら森林浴のようで、
ゲームを満喫しに来るつもりが自然そのものを味わっているギャップに
思いの外感動してしまいました。近場にこんな自然そのものの場所があったんだなぁと。

公園を出て自転車に乗り、国道沿いをひたすら走って駅へ。
この間にも行き交う人たちはかなりの確率でスマホを片手にしていました。
ここでは自分と同じくらいかちょい上の青年が多かった印象。
道中ではコラッタ、マダツボミ、フシギダネ、キャタピーなどをゲット。
途中橋を渡るところではちょうど川辺にヤドンが出てきたりもしました。
地形によって出るポケモンが決まっていたりもするんですね。
自然公園――駅間は商店が多いこともあってポケストップの数がかなり多く、
ポケモンを手に入れる数よりもポケストップでアイテムを補充する回数の方が多かったかも。
ポケストップは必ずその場所にちなんだ名前が設定されているのですが、
普段何気なく見ていたものにも実はちゃんと名前があったりするのが面白いですね。
もう長く過ごしている自宅周辺も『ポケモンGO』で初めて神社があることを知りました。

駅に到着するとまず驚かされたのは、ポケモントレーナーの数。
駅前広場を中心にスーツ姿の中年男性も、子連れのお母さんも、女子学生も、青年も
みんなスマホ片手にうろうろしているという。
バスターミナルにもなっている構内案内板のある場所は近接して2カ所のポケストップがあり、
そこでは本当にいろいろなスタイルの人々がベンチを埋め尽くし、
さらに案内板付近で立ってスマホを眺めている人もいました。
本当に、20年越しの社会現象が今目の前にあるんだなぁと、
そんな情景を見てちょっと感動すらしてしまいました。本当にゲーム1本でこんなことになるなんて。

ポケストップは誰か一人が “モジュール” を設置することで
一定時間周辺にポケモンが出やすくなるようになるのですが、
この駅前広場では常時誰かしらモジュールを設置しているためポケモンだらけになっていました。
自分はここでパラス、トサキント、ピジョン、イーブイ、タマタマをゲット。
もっと居座っていたいところでしたが、
他のところも回りたかったし何よりも炎天下の中、日避けもないこの場所は
ポケストップが隣接しているとはいえ現実的な環境はなかなかつらいものがありました。
その場を離れて避暑も兼ねて駅構内をぐるっと回り、駐輪場に戻って駅周辺から離脱。

駅の向こう側まで行けば自分の居住エリアを一周することになるのですが、
この時点でバッテリーが30%を切っていたため、
今日は北方面は諦めてこのまま自宅へ一直線で向かうことに。
ところが、ポケモンはむしろこの駅――自宅間の方がよく出てきました。
まずコンビニ近くの信号前でニドキングを20個ほどのボールを投げてなんとかゲット。
さらに立て続けにナッシーが出現し、こちらもかなり苦戦しつつもゲット。
ニドキングが出てきたときはかなりワクワクしましたね。

ただ自宅へ近付いていくにつれて新種発見の機会は少なくなっていき、
最終的にはイーブイ、ポッポ、ビードルばかりになりました。
最後に自宅に一番近いポケモンジムにナッシーで挑戦してみたのですが、
1匹目は余裕で突破したものの、2匹目がわずかにCPで上回る相手だったため退散しました。
さすがに捕まえたばかりのポケモンでジムリーダーになるのは難しそうです。
というか、こんな辺境でもみんなそこそこやってるんだなぁ……。

帰宅したのは16時ちょい過ぎでした。出発が13時半だったので、
実に2時間半地元を徘徊していたことに……。
捕まえたポケモンの総数は71匹で最高CPはナッシーの469。
でも、もしかすると捕まえた総数よりもすれ違ったトレーナーの数の方が多かったかも。
半端ない疲れに耐えられず、8時間睡眠にもかかわらず17時から1時間半昼寝。
その後も自宅内で “おこう” というポケモンが足下に出やすくなるアイテムで粘っていました。
23時半過ぎにはカビゴンの影が見え、
期待を込めてマップをひたすら見つめていたのですが結局出現することはありませんでした。
もっとおこうをたくさん置くと出てくるんでしょうかね?
場所以外の出現条件が設定されているポケモンもいるのかも。
深夜になったらゴースの影が見えたりもしたし。

そんなこんなで今日は地元満喫、ポケモンGO満喫の一日でした。
ARゲームは東京旅行限定でプレイしていた『駅メモ!』に引き続き2本目ですが、
本腰入れてプレイするとこうも面白いのか、ということを身を持って体験しました。
ちなみに懸念していたプライバシーの問題ですが、
基本的に他人がそのままマップに表示されるわけではなく、
他人のIDが見れるのはジムリーダーになったときと、モジュールを使ったときに限るようです。
なので、往来の多い拠点を陣取り続けるようなことが無い限り、
そこまで多数のプレイヤーにIDを見られるというわけでもなさそう。
あとはSNSでうっかりマップ画面のスクリーンショットを投稿しなければ大方問題ないかと。
もちろんIDを変更できるに越したことはありませんが。
そのうち交換機能が実装されたらポケモンにもIDが付与されるのかな?

さて、連休二日目の明日は北側の散策にGO! ……と言いたいところですが、
こんなときに限って明日は休日出勤なので素直に通勤路の散策にとどめておくことにします。
それにしてもこの勢いならポケモンを求めて遠方へ行ってみるのも全然アリですよね……。
ゴールデンウィーク旅行で候補に挙がっていた場所の中にも比較的近いスポットもあるので、
スマホ片手に出掛けてみるのも新しい娯楽として十分楽しめそうな予感がします。
が、さすがに最低でも三連休は欲しいし、
出費の問題もあるので軽々と決断できるものでもなさそうです。
でもこの勢いが衰えないうちに「地元散策」以上の何かは実行してみたいところ。
何しろ自分がアウトドア方面に興味が向く機会なんて本当に滅多にないですからね。
こういうきっかけを掴んだときにこそ全力でそっち方面の裾野も開拓したいものです。

コメントを残す