#4577

トレーナーが集う橋


』三昧したいのに仕事三昧に邪魔されて もどかしい日々が続いています。
いやそれにしても、改めて20年ぶりのポケモン旋風は大変なことになってるなとつくづく。
自分の会社でも知らない人はおらず、少なくとも3人がそこそこのガチ勢という。
仕事が延びに延びて今日の退勤は21時半だったのですが、
そんな時間でも昨日発見したポケストップ7カ所の橋には合計10人ほどが徘徊していました。
薄暗い照明の中、小雨が降っているのに傘も差さずに何人ものプレイヤーがいるその光景は
もう異様以外の何物でもなく、本当にこれが現実なのかと一瞬目を疑うほどでした。

その橋は自分も通勤に使うので、
とりあえず帰り道はしばらく橋でモンスターボール補給して帰る流れが定着しそうです。
ですがいつもの通勤路ではせいぜい片道40個が限界で、
自宅で “おこう” を使っていると
ちょっとCPの高いポケモンが出るだけですぐ使い果たしてしまうので、
もう少し掻き集められるルートを模索する必要がありそうです。

定時退勤なら夕食までの猶予時間はおよそ1時間。
今までは基本的にこの1時間は丸ごと休憩時間として使うことが多かったのですが、
これからは (定時で帰れさえすれば) 外でうろうろする時間になるかもしれません。
まぁ先述の橋を往復するのが単純効率では一番なんですけどね。
単純計算で、
(最低3個のモンスターボールが)×(5分につき)×(7カ所を)×(1時間12往復で)=最大420個
となり、これだけあれば当分困らないというほどのレベル。
というか持てるアイテムの数が350個なので、あっさり限界を超えてしまいます。
加えて人が集まれば当然ルアーモジュールが設置されることになり
その場でレアポケモンを手に入れられる可能性もあると。こりゃあ集まるのも無理は無い。
ですが、あくまでも橋は一般通行人用の通路でそこまで広いわけでもないため、
一点に止まっているならともかく何度も往復するのはちょっとためらいますけどね。
毎日の習慣になることも考慮すると
素直にポケストップのあるゲーセンなど座れる場所でじっくり収集するのが無難なのかも。

今日はもし無難な時間に帰ることができたら、
これまでに捕まえたポケモンを
Googleマイマップに位置情報付きでまとめていこうと思っていたのですが、
全然無難な時間に帰れなかったので今回は見送り。
実は二日目の大冒険の後、捕獲時の様子をポケモンごとに写真に残せると知り、
そんなことなら全部スクリーンショットを撮っておくべきだったと少し後悔していました。
ポケストップの場所も然り。
一応『Moves』という常駐アプリによってマップ上の行動は記録しているのですが、
一昨日のポケストップの場所を全部確実に思い出せと言われるとかなり危ういかも。
まぁでも、ポケモンGOを遊んだ足跡として
今からでもマイマップ作成は楽しんでいきたいところです。
こうなるといよいよもって遠出したくなるなぁ……。

ちなみにこのタイトルでは自分はTwitterのタイムラインから不可抗力で入ってきた場合を除き、
基本的に攻略情報は一切見ないスタイルで行こうかなと思います。
これこそ「未だ知らない状態」を少しずつ開拓していくことに意味のあるゲームなんじゃないかと。
何処に何が出てくるか分かってしまったら、
目的のポケモンがいない場所を再発見する視点も失われてしまうでしょうしね。
とにかく今回は知らないことを楽しみたいなーと。
それこそ、攻略Wikiどころかネットの存在も知らなかった初代ポケモンの時代みたいに。