#4582

ポケモンと行く地元再発見の旅 -中央北編-


さて先週に引き続いて『』を満喫するべく長距離サイクリングの旅に出てきました。
気温はさらに上がって、この日の地元の気温は31度。
前回はとりあえずモバイルバッテリーだけ持っていけばいいや、くらいのノリでしたが、
今回はさらに辺境地へ向かうため、軽食や水筒など夏の遠足に必要なアイテムを持って出発。
前回が最寄り駅の南側を主要県道に沿ってぐるりと一周するルートだったので、
今回は北側をメインに回ることにしました。

川沿いに走ること数分。他のポケモントレーナーやポケストップと出会うことも無く進んでいると、
まもなく区外に出て、一気に田舎くさい雰囲気になってきました。
タイミング良く、ゆっくりとした速度で3号編成の在来電車が目の前を通りすぎっていった先は、
実は自分が小学校3~4年生のときに過ごしていた場所でもあります。
小学5年の始まり頃に現在の場所に引っ越す前はこの区外地に住んでいたわけですが、
ここに住んでいた当時、ちょうど初代ポケモンが小学生の間で大ブームになっていました。
ポケモンにまみれた二年間を過ごしたこの場所は、
小学校卒業前にたった一度行った以外はまったく足を踏み入れていませんでしたが、
『ポケモンGO』というきっかけを手に入れた今回、
タイムカプセルを開ける気持ちで、思い切って小学校当時の通学路をなぞってみることに。

何もかも小さい、というのが最初の印象でした。
隙間なくびっしりと建てられた家はどれもこれも築20年はありそうな古くさい家で、
月並みな言葉で表現すれば「昭和くささ」の残っている雰囲気。
道路は軽自動車ですらすれ違えないほど狭く、迷路のように入り組んでいました。
あれ、こんなに小さかったっけ、と意外なくらい小さいのに最初は驚きましたが、
まぁ小学生当時の身の丈ならこれでも十分広かったんでしょうね。
小学校の校区内で若そうな人とはついぞ一度も出会わず、見るのは老齢な人ばかり。
かつての旧家は取り壊され、もう少しモダンな感じの新しい家が建っていました。

小学校への通学路は、家を出てまず右に曲がり坂道を下って何番目かの左の道を曲がると
畑が並んだ道が見えてくるはずなのですが、
同じようなシルエットの住宅が並ぶ中、何番目の道を曲がるのかを完全に忘れてしまっていたため、
仕方なく坂道を一旦一番下まで降り、地図を頼りに小学校へ向けて走りました。
帰り道に寄るのが楽しみだった駄菓子屋は閉鎖されていましたが、
当時帰りに漫画図書館で漫画を読みあさったりゲームしていたりした児童センターは健在で、
スタッフなのか何人かの大人が野外で活動している姿がありました。
そこからさらに進むと小学校に到着。どうしようもなく懐かしい……
けれど敷地内に入るわけにも行かないので、校門前から少し眺めたあと、すぐに後にしました。

小学校当時、よく下校前のホームルームで「松林には入らないように」と言われたもので、
この辺の区域は海岸線に比較的近く、それに沿ってびっしりと松が植えられている場所があります。
町を海岸から吹く強風や砂から守るための、いわゆる防砂林と呼ばれるものなのですが、
小学校時代の自分にとってはまさに謎の冒険エリアでした。
たった一度だけ、
「ここを通ればすげえ近道になるらしいぞ!」と友人に連れられて通ったことはあるのですが、
それも比較的住宅街に近い安全な道だったため、
林のど真ん中を一人でじっくりと冒険することは一度もありませんでした。
しかし17年経った今なら誰も咎めるものはなし。
ということで、思い切って自転車から降り、道から逸れて松林を歩き始めました。

2016-07-30 13.48.20
ほぼ等間隔に生えた同じような松が視界の限り延々と続き、それ以外には何も無い非現実的な空間。
てっきり蝉が大量に鳴きまくっているのかと思いきやそんなこともなく、
ほんの数匹が遠くで鳴いているだけで、不気味なくらい静かでした。
何か予想できないアクシデントが起こるんじゃないか、という怖さを若干携えつつも、
それに勝って「冒険してる感」が胸一杯に広がるこの感じはどことなく懐かしい感覚でした。
しかしそんな期待とは裏腹に『ポケモンGO』での収穫は乏しく、
『ポケモンGO』では入口付近からモルフォンのシルエットが見えていたはずなのですが、
林の真ん中まで来るとついに1匹も見当たらなくなってしまいました。

2016-07-30 13.53.46
仕方がないので自転車を置いてきた大きな通路まで引き返し、そのまま海岸線へ。
ほどなくして、カラカラ、ワンリキーといった新種を次々に発見しました。
さらに橋を渡ってひたすら海岸線を走っていると、
どうやら今走っている道が自転車道になっていることに気付きました。
調べてみると、どうやら市内エリアを一周できる14kmの自転車道を2011年に整備したんだとか。
近場に住んでいるのに全く知らなかった……。
おかげで、海岸線は整備された道をかなり高速で飛ばすことができました。
地元は自転車にやさしい場所とそうでない場所が両極端な傾向が強いのですが、
どうやら海岸線は自転車向けのエリアのようです。
ここで新しくコイル、パウワウ、カモネギ、ヒトカゲをゲット。
さらに道中で初めて道具が満タンになっていることに気付き、
海岸線に大量のキズぐすりとげんきのカケラを捨てていきました。

道中では水族館もあり、
マップを見ると館内にルアーモジュール稼働中のポケストップがちらほら。
せっかくだし行ってみようかとも思いましたが、
世間的には夏休みシーズンともあって駐車場からしてとてつもない大混雑だったのと、
混雑した水族館があまり楽しめないことは05月東京旅行の葛西臨海水族園で体感していたので
今回はその反省を踏まえる意味も込めて見送りました。
いずれ何でもない日に改めて行ってみたい気持ちはありますが、実現するのはいつになることやら。

さらに自転車道を進んでいくといつの間にか市街地に出ており、
サイクリングロードの続きを見つけられなくなってしまいました。
仕方が無いので市街地をかいくぐって駅を目指し、着いたのは先週とは反対方向の北口広場。
ところがこちらは自転車を停める場所が一向に見当たらず、
しばらく路頭に迷っていると自転車・自動車の駐車禁止区域についての案内板を発見。
それによれば自転車も指定された地下駐輪場に停めろということだったので、
行ってみると案内のおじさんに100円取られ、それでようやく駐輪できました。
南口は巨大な無料の駐輪エリアがあるのに、なんで北口だけこうも徹底して駐輪禁止なんだろう。

それはさておき、自転車は停められたので再び駅構内を徒歩で散策。
といっても北側にはおおっぴらにくつろげる広場なども無かったため、
結局先週も行った南口広場に来てしまいました。
すると、その中心部では地元歌手が順番に歌うミニイベントが。
『ポケモンGO』のためのバッテリーチャージをしてくれるブースがあったり、
パーソナリティが「『ポケモンGO』を楽しみながら、歌も楽しんでいって貰えたらと思います」
と言っていたりと完全にポケモンGOユーザーを意識しているイベントらしく、
実際に南口広場周辺には30人は超えようかというほどのポケGOユーザーで溢れていました。
当然ルアーモジュールも焚かれており、自分もここで20分ほど粘って収穫作業をしていました。

2016-07-30 17.23.49
気が付くと16時半を過ぎていたため、他の駅スポットは回らずに再び地下駐輪場へ。
そこから自宅へ一直線で向かっていると、5kmタマゴからまさかのピカチュウが誕生。
今回はなによりも孵化作業が捗り、合計10個以上のタマゴを孵化しましたが、
まさか激レアと言われているピカチュウが手に入るとは……。
ちなみに今日だけでふかそうちを4個も買ってしまいました。
これでも全然孵化は追いつかないんですけどね。未だに10kmタマゴの入手はゼロです。

13時半に17時ちょっと過ぎに無事帰宅。
さっそくGoogleマイマップに今回のルートを記録してみたところ、合計距離は26.5kmでした。
手に入れたポケモンの数は53匹で、図鑑の数もほぼ同じの54匹となりました。
トレーナーレベルは11から一気に14になってスーパーボールが解禁に。
これで最寄り駅中心のルートはおおよそ回ったことになると思うので、
次からはいよいよ思い切ったルート構築が必要になりそうです。
今回、海岸線で新ポケモンを立て続けに手に入れて感じたことなのですが、
やっぱり新しい場所に行けばいくほど新種ポケモンと出会えるのは本当に嬉しいです。
なんというか長距離走の苦労が報われる瞬間だと思います。
しかし同時に、通勤路を往復しているだけでは延々同じポケモンしか手に入らないであろうことも
予感せざるを得なかったわけですが。
なのでこれからも新しい場所目指して中距離走する意味はあるものの、
しかしさすがに「新ルートに行き、新種ポケモンを探す」だけのルーチンでは
そろそろモチベ的に限界が来ているので、何か他の目的も見つけたいところではあります。
例えば『ポケモンGO』をプレイするついでに大胆な買い物をしてみるとか。

あとゲーム内の反省点を挙げると、今回はモンスターボール切れを確実に防ぐ意味を込めて
コラッタ、ポッポといった普段からたくさん見かけるポケモンは敢えてスルーして、
新種ゲットに集中する方針を取りました。
帰宅後、しあわせタマゴを使って効力期間内にポケモンを進化させまくり、
進化ボーナス経験値を大量に手に入れたのですが、
思ったほど進化できるポケモンが少ないな、というのが率直な感想でした。
しあわせタマゴ (=30分間経験値を二倍にする) を進化させる作業の前に使う作戦を採るなら、
ポッポやコラッタなども積極的に捕まえておけば良かったかなーと。
といっても決してボールに余裕があるわけでもなく、
この辺のバランス取りはなかなか難しいところです。

ともあれ、今日もポケモンGO三昧な一日でした。