#4595

ポケモンと行く地方再発見の旅 -東編-


ゲームのプレイ日記


夏休み2日目。02時就寝12時起床。

先々週以来二週間ぶりに、
』の図鑑を埋めるべく第3回目の長距離サイクリングの旅に出てきました。
この日の気温は前回と同じ31度。
起床直後に出発するつもりが、友人から電話がかかってきて話し込んでしまったため
出発したのは15時半頃でした。
今回はどうせなら連休の真ん中にしか行けないようなところに行こう、ということで、
当初考えていたのはまず最寄り駅まで行き、そこから環状になっている地元在来線に沿って
いろいろな駅周辺を徒歩で回るという計画でした。

が、よくよく調べてみると電車移動は快速利用でも一周するだけで2時間近くかかる上、
各駅ごとに電車を見送っていたら次に来るのは1時間後になるので、
駅をかなり絞っても日没までに帰り着くのは難しいという結論に至りました。
ということで今回は「市内」という縛りを優先して、
市内東側を従来通り自転車で攻める方針に急遽変更。前回と同じ準備をして、さっそく出発。

まずは何はともあれ最寄り駅の様子は見ておきたかったので、
住宅地をかいくぐるように敢えて入ったことのない道を進みながらいつもの最寄り駅へ。
もちろん自分以外のポケモントレーナーはちらほらいましたが、
駅前広場は日避けが無く炎天下で居座るにはかなり厳しい環境であるのと、
あとここ二週間ほどキックボードで遊ぶ人たちが常時たむろするようになっているせいか
ポケストップのために広場の真ん中で居座る人はほぼいませんでした。
駅前広場でキックボードで遊ぶのを見たのも長い実家暮らしでこれが初めてなのですが、
ポケGO勢を妨害する意味を込めてここで遊んでいるんじゃないかと思ったりも……。

駅前のポケGO勢の主な居場所は、
第1回遠征 (07月23日) は駅前広場に突っ立っている人が大量にいたり
バスターミナル付近の案内板周辺にも十数人が居座っており、
第2回遠征 (07月30日) は広場で明らかにポケGOユーザーを狙ったイベントが催されて
当然ながら多くの人たちが広場周辺に集まっていましたが、
今回はどちらかというと駐輪場付近の、広場から離れた方のエリアの方が人が多かったような。
さすがに三週間経って日中から居座る人は少なくなってきた印象はあります。

駅前周辺のポケストップを一通りくぐって大量のアイテムを収集すると、
一旦近くの家電量販店へ行って涼むついでにスマホケースを買い替えようかと吟味していましたが
結局買わず、駅から出て市内東側へ向かってひたすら走り始めました。

自分の生活エリアは基本的に駅より西側なので、最寄り駅を通り過ぎて東側に行くことはほぼ無く、
当然ながらその市街地を走ったのも今回がほとんど初めてでした。
まずはいつもの駅前通りを直進して、広い県道にぶつかったところで左折、
あとはひたすらまっすぐ走っていたのですが……。
とにかくポケモンが出ない。
地元の三大大量発生ポケモン、ポッポ、ビードル、コラッタすら出ない。
痺れを切らしてついにおこうを焚きながら走っていると急に出るようになりましたが、
それでも出てくるのは大量発生ポケモンのみ。
おいおい東側はこの程度なのかとがっかりしつつも走り続けていると、
徐々に周りの空気が涼しくなってきて潮の香りがするようになってきました。
いつの間にか6km走って海岸線まで来ていたらしく、それでも構わずに直進を続けていると、
大きなカーブの先に巨大なトンネルが見えてきました。

地元には川を渡るための立派な橋がいくつも架けられていますが、
河口付近だけは付近に空港がある等の理由で
こうして川底トンネルで行き来するようになっているそうです。……そんなのがあったのか。
車道はそのまま直進してトンネルに入るようになっているものの、
どうも同じ入口から歩行者が入れるようにはなっていないらしく、訝しげに進んでいると
何やら小さな道路の向こう側に歩行者・自転車用トンネルの小さな入口を発見。
入口は階段とスロープになっていたので降車して下っていくと、
みるみるうちに周りの空気の気温が落ちていって汗が引いていきました。
中に入ると、はるか向こうまで緩い下り坂になった通路が続いていました。
いやー気持ちいい。歩行者はいないので遠慮無くスピードは出せるし、
坂道だから全速力でもさっぱり疲れない。なによりも川底トンネルなので常に涼しい。
自転車通学・通勤しているとまれに強い追い風に押されて
全力疾走しながら物凄い爽快感を味わうことができる日がありますが、
このトンネルはそれを意図的に体験できるスポットです。しかも涼しい。ここ重要。

あまりに気持ちの良い体験だったのでこの間は『ポケモンGO』の存在をすっかり忘れていました。
川底だからなのかこのときはどうやらGPSの不具合があったらしく、
トンネル内の遭遇はほぼ無し。出口付近でピカチュウと出会っただけでした。
その代わり、トンネルを出てまもなく孵化したタマゴからなんとカビゴンが生まれました。
これで図鑑は75匹、全体の約半分ということに。
今回の遠征の目標は、今現在国内で捕獲できる総数142の約3分の2に当たる80匹だったので、
ここからの帰宅ルートで目指すは5匹新種捕獲。

トンネルを出るとそこは第1回遠征で来たことのある自転車道の東端でした。
前にここに来たときはここから普通に橋を渡って最寄り駅へ行ったので、
今回は駅の向こう側にある自転車道の残り半分を走ることに。
こちらは東市街地を走っているときよりもはるかに多くのポケモンが現れました。
しかも信号は無く道も整備されていてデコボコしていないのでそれはもう快適。
人気のランニングコースなのか走っている人がかなり多くいましたが、
道が広いためいちいち避けなければならない不便もありませんでした。
……ただ、ポケモンはたくさん出てきたものの、その大半は例の大量発生三種、
あとは川沿いだからかコイキングが頻繁に出てくるのみで、6.5kmの走行で収穫はゼロ。
このままじゃ帰るまでに図鑑80匹はとても難しいということで、
ルートを変更して第2回遠征で向かった方向に行って、また別の川沿いを走り始めました。
この辺で19時になり日没。
とほぼ同時にようやく捕まえたことのないウツドンと遭遇し、図鑑は76匹目に。
さらに10kmタマゴからカブトが産まれ、アメ50個を持っていたのでそのまま進化させ
77匹目はカブトプスをゲット。

ここで川沿いも走りきってしまったので、そのままポケストップのある最寄りのゲーセンへ。
涼しい室内もポケストップの範囲内だったため、
ここで初めてルアーモジュールを設置してレアポケモンの出現を待ち構えつつ、
パンク寸前のポケモンボックスをあらかた整理していました。
するとヤドン、ミニリュウがそれぞれ進化に必要なアメが揃っていることが判明し、
すぐさま進化させてそれぞれ78匹目・ヤドラン、79匹目・ハクリューをゲット。
目標の80匹まであと1匹。この時点で出発から5時間を超えており、
2つ目のモバイルバッテリーも空になっていたため、
これが最後というつもりでさっき走った川沿い自転車道の対岸線へ向かいました。
この時点でリーチがかかっていたのはクラブがあとアメ1つで進化。あとは絶望的。
あとカニ1匹でこの旅が終わるんだ! よし! とテンションを上げつつ走っていると、
3kmも走らないうちに5kmタマゴが孵化し、ヒトデマンが産まれました。
しかもアメ10個付き。もしやと思ってアメの数を数えてみると、
あっさりと進化条件を満たしていました。というわけで80匹目はスターミーでした。
この時点で20時近くだったので、さすがに引き返すことに。
そこから一番近いコンビニに寄って洋菓子を大量購入して一目散に帰宅。

かくして第3回目の34.2kmに及ぶ長旅は無事に終わりました。
現在の図鑑の状況をざっと整理したところ、こんな感じになりました↓
p4595_caption

第N回遠征とあるものがこれまでの長距離で捕獲した野生の新種になります。
ちなみに過去の走行距離をまとめると、第1回が16.1km、第2回が26.5km。
見て明らかなように今回はダントツで長距離を走ったにもかかわらず収穫はイマイチです。
もちろん8/12生まれのタマゴから出た新種というものもそれなりにありますが、
それは遠方ならではの新種を捕まえるのとはまた事情が違いますからね……。
今回行った中では、まず東市街地はスリープと出会ったくらいで他に目新しい遭遇は無く、
遠方でも同じ市街地だと出てくるポケモンにそれほど差は無い、
ということを改めて実感させられる結果になりました。
その代わり、例の川底トンネル周辺は明らかにビリリダマ、コイル、ピカチュウといった
でんきタイプの出現が多く、この領域はもう少し粘ってみる価値はあったかも。
そういった、『ポケモンGO』が別地形として認識している土地をいかにして見つけられるか、
というのがこのゲームの図鑑埋めに必要な基本スキルなのかもしれません。
適当に新しい場所に行けば何かしら新種は出るだろうという認識では、
少なくとも81匹目以降は厳しい気がします。

あと実は今回、2度も手からiPhoneを落とすというトラブルがありました。
どちらとも落ちた先がたまたま整備されたコンクリートで
画面には何も当たらなかったのでカバーが傷付くだけで済みましたが、
これが仮に砂利道などだったらイチコロだったのは言うまでもなく、
それどころか橋の上でスマホを取り出す場面も少なからずあるので、もしも川に落ちたら……
という恐怖も少なからずあります。
実は最寄り駅で家電量販店に立ち寄ったのは、せめてストラップホール付きのカバーに変えよう、
という意図があったのですが、
結局Amazonで吟味した方が良いということになり今回は見送りました。
iPhone5sはまだ小さい分持ちやすいので危険性は低いですが、
それでも何度か落としている現状を考えると、これ以上の画面サイズになったら
少なくともスマホケースは落下防止までを考えて選ぶ必要はあるだろうなぁ……。

そんなこんなで東側まで足を伸ばした第3回遠征でした。
まだ南方面、西方面、北方面と市内制覇に必要な旗は取り切っていませんが、
同じような市街地が並ぶだけということを考えると、中央区内の公園を巡った方が効率は良いのかも。

コメントを残す