#4608

不透明な山場


今日の出来事


繁忙期の最終日。
ただでさえいつものルーチンワークが佳境というのに今月は他にも厄介な仕事がひとつあり、
それもたまたま今日が山場ということもあって実働時間は実にほぼ丸二日分、
日付変更線までの孤軍奮闘でした。ここに来てまさか年度末繁忙期のような経験をするとは……。

こういうときの自分は、自分で言うのもなんですがかなりの集中力を発揮できます。
この日も18時以降は離席は一度も無く、ひたすら作業に取り組んでいたのですが、
19時になったかと思ったら20時になり、21時になったかと思ったら22時になり……。
この辺の集中力の使い方はゲームのやり込み経験が活きているような気がします。
短期的に訪れる「小さな集中力切れ」をいかに誤魔化すか。
直近のタスクの多さとその見返りの少なさにに絶望して折れそうな心をいかに騙すか。
最近肝心のゲームでは時間を忘れるほどの没頭はここ何年も無いのに、
仕事になるとそれが発揮できるのは不思議です。
決して楽しいというわけではないはずなのですが。

そういうわけで作業自体はゲーム感覚で出来るため今更不平不満もありません。
が、それと24時退勤とは別の話であるわけで、
久々に今後の身の振り方を考えるきっかけにもなりました。
あまりにもいろいろなしがらみがあるので今ここで明文化するのは難しそうですが、
少なくともこのままでは駄目なんだろうなぁというおぼろげな不安はあります。
今の仕事が上手く行ってなくて悩んでいるのだったら答えは簡単なのですが、
変に丸二年良いポジションに収まってしまっただけに、
そうそう簡単に答えは出なさそう。後釜も然り、年齢も然り、収入その他も然り……。

今年の年末~年度末繁忙期は、去年・一昨年と二年連続でオーバーワークに陥ったこともあって
あらかじめ仕事量を減らす方向で話し合いが進んでいるため、
それが本当に想像通りに行けば、
夏の山場である今回がこの仕事でもっとも忙しい最後の一日だったと言えなくもないですが、
そう予想してその通りになった試しがないため、まぁあまり期待はしないでおこうかなと。

コメントを残す