#4621

宙に浮かぶ情報群


Dropbox、2012年に6800万人のアカウント情報を流出 – InternetWatch

こんなニュースがその筋のコミュニティで賑わっているのを昨夜目にしました。
何が恐いって、2012年当時の出来事が四年後になって明るみになっているということ。
自分は2010年にサインアップしたので完全に他人事ではないんですよね……。
2012年当時のユーザー数が1億アカウントだそうで、自分のも流出した可能性はかなり高いです。
今使っているwebサービスのパスワードは
1Passwordを使って滅茶苦茶複雑な文字列をいちいち機械生成しているので
いきなり現行サービスに不正ログインされることは無いと思いますが、
2012年当時はセキュリティ意識も今ほどではなかっただけに非常に不気味です。
何より、1Passwordのライブラリはモバイルと同期するためにDropboxに保存しているため、
そのDropboxが突破されてしまっていたとなると、
もう今後安心してここに預けられないなるわけで……。
長い間当たり前のように使っていただけに、正直戸惑いも大きいです。

ただ、こういう事態に陥っていざDropboxの無い生活を想像してみると、
意外と今までもそこまでDropboxをフル活用していたわけではないことに気付きました。
「いつでもどこでも主要ドキュメントフォルダにアクセスできる」
という優越感を満たしてくれたのは良いものの、
実際にアクセスする必要があった機会って随分限られるんですよね。
プレーンテキスト類は全部Evernote任せだし、強いて言えば写真類は結構頼っていたか。
どちらかというとバックアップメインで使っていたとも言えるかも。
もちろん、そのバックアップが大事だからこそこんにちまで使い続けてきたわけですが。

Dropboxの代替を探すことを考えた場合、同じようなwebサービスでは
いつなんどき情報漏洩が起こるとも限らないので根本的な解決にはならないし……
などと悩んでいると、『NAS』というものに行き着きました。
これは一言で言えばファイルサーバー機能付きの外付けHDD。サーバーではありません。
USBではなくLANケーブルを使ってルーターに直接繋いでアクセスします。
自宅からは当然のこと、専用アプリなどを使って外出先からスマホなどで接続できるので、
さながら自前のクラウドストレージといった感じで使えます。
物理的に自分の管理できる場所に置けるという安心感はかなり大きいかと。
実費で設置するので当然それ相応の記憶領域が確保できるのも利点。
値段はざっくり調べた限りでは1TBで12,000円~20,000円、2TBで2,000円~5,000円増し程度、
ディスク2台入りモデルになると4TBで28,000円~50,000円ほどとなっています。

今自分が使っている内蔵HDDのうち最後に取り付けた4TB HDDが
ちょうどこのブログ11周年のときだそうなので、丸一年経ったことになります。
これをほぼピクミン録画専用HDDとして使い続けた結果、現時点で2.9TBを占有しており、
このペースだと年末には一杯になってしまいそうな勢い。
しかしこのPCはSATAポートに余りはあるもののHDDの収納スペースがもう残っていないため、
このままピクミン生活が続いたら残500GBを切った段階で外付けで4TBを追加するつもりでした。
それがNAS機能を備えたものとして考えれば、まぁアリといえばアリのような気がします。
ただの外付け4TB HDDが現時点で約15,000円 (2015年秋比約-6,000円) なので、
最安値前提でも差し引き13,000円がクラウド化費用と考えると割高感は否めませんが。

まぁでも、この茄子っぽい名前のHDDを上手く使いこなすことができれば
3種類のクラウドストレージサービスを使い分けている状況を一本化できるし、
Dropboxでは到底できなかった動画ライブラリのクラウド化もでき、
さらにNAS自体にUSBで追加ストレージを繋げて容量を増やすこともできるんだとかで
いろいろと夢が膨らみそうなガジェットではあるんですよね。
とりあえずもう少し調べつつ、携帯機種変と併せて前向きに考えていこうかと思います。

今日は前日19時半就寝でがっつり平日長時間睡眠を満喫できるかと思いきや
22時半に目が覚めてしまい、二度寝できたのは04時半過ぎでした。なんとか08時10分起床。
一度起きたあとは何もしなかったわけでもなく、数ヶ月ぶりに音楽関係の整理が捗りましたが、
本当にもうこの高湿度熱帯夜はうんざりなので早く秋にでも冬にでもなって欲しい今日この頃です。
暦の上ではもうすでに秋のはずなんですけどね……。