#4622

絶対に外れるくじ引き


先日ちらっと書いた『』を自転車走行中に起動しておいても
タマゴ孵化のカウントが実際の走行距離を大幅に下回ってしまう問題。
今日ついに5km中0.3kmしかカウントされないという最低記録を更新してしまったため、
これではやる意味が無いので次回アップデートまでポケGOは封印することにしました。
現時点で図鑑は92匹。お盆休みを最後に最近はほとんどこれのために外出することが無く、
タマゴ狙いだけための通勤時往復だけではモンスターボールを使い切れずに溜まる一方です。
この残暑が落ち着いた辺りで一度、新種目的というよりは
モンスターボール消費のための遠征に出掛けてみたいところではありますが……。
当面は何かと忙しそうなので実現は先になりそうです。
まぁでも今度の三連休を無事に確保できればそのときに走ってみるのはアリですかね。
そのときまでに無事に孵化カウント問題が直っていればの話ですが。

ところで隙間に出来るスマホゲームをまた探し始めている今日この頃ですが、
まぁたまにはガチャありきのソーシャル系でもいいかと
久々にそっち方面で探して数本ダウンロードしてみました。
で、とあるタイトルを起動してみたらデータインストール後オープニング、
ごく単純なチュートリアルのあとに突然何の脈絡も無く初回のみ無料のレアガチャがあり、
「好きなだけやり直せます」という旨の説明がありました。
試しに引いてみると★4くらいのキャラクターが出てきたのでやり直してみると、
次に別のキャラが出て、その後5回連続でそのキャラが出てきたのでウンザリしてやめました。
今までに遊んだスマホゲームは1,100本を越え、いわゆる「クソゲー」も数多く見てきましたが、
起動したにも関わらずゲーム本編に辿り着かず、
その前要素がきっかけで止めてしまったのは今回が初めてなんじゃないかと思います。

課金ガチャシステムを採用しているソーシャルゲームは
ドロップするキャラの重要性や魅力を伝えるため、(ひいては課金アイテム販促のため、)
慣例としてチュートリアル直後に一度無料で課金ガチャを引くことになっています。
そして、それを一度引いてもし気に入らないキャラだった場合、
アプリそのものをアンインストールしてしまってもう一度チュートリアルからやり直し、
気に入ったキャラを初回無料分で引けるまで粘る行為を
リセットマラソン、略してリセマラと呼びます。
最近のパズドラ系ソーシャルゲームは
「ガチでやるならリセマラが当たり前」という風潮がもう完全に蔓延してしまっており、
何らかの新作が出た際は、タイトルで検索すると攻略Wikiを名乗るサイトが
リセマラ推奨キャラ一覧などというページをいの一番に作るところまでがパターン化しています。

当然リセマラはかなり根気を必要とする行為です。
本当にそのゲームで天辺を目指すというのならともかく、
小さなゲームタイトルを始める前にやる行為としては時間コスト的には割に合わないのですが、
なにしろ「みんなやって当たり前」という空気がそこかしこにあるので、
自分のやる気はさておき「やるからにはリセマラ込みでやらないと」となりがちなんですよね。
そしてリセマラで力尽きて結局本編が始まらないまま終わってしまう、という。
ここまで来るともはやゲームではないどころか
ガチャシステムとしての体裁さえ保っているのかも怪しい昨今のソーシャルゲームですが、
しかし最初に好きなキャラを選べるよ、と言ってしまうとガチャの販促にならないわけで。
ガチャにつぎ込む人がいる限りはこういう文化が続くのかなぁと思います。

今回触れたタイトルは、いわばそのリセマラ行為をゲームの正式な機能に組み込んだ例です。
「好きなキャラが出るまで何度でもやり直せるよ」と言うと聞こえは良いですが、
もともとリセマラしない主義の自分にとっては、
キャラ選択に膨大な時間コストを強要する謎のシステムにしか見えませんでした。
課金ガチャ文化はそう簡単には無くならないような気はしますが、
リセマラ推奨タイトルはこれから徐々に減っていくんじゃないかなぁと思います。
どう考えたって非効率的だし、リセマラだけではディベロッパー側は1円も得しませんしね。
本当の本当にやる気のある1,000~10,000人に一人の精鋭たちが
この手のタイトルにつぎ込むことでソーシャルゲーム界は保っているらしいのですが、
そういう人たちの課金意識が変わってきたらこの文化も一気に崩れるんでしょうかね……。

だらだらと書いてしまいましたが、久々にハズレを引いたという話でした。
隙間にできるタイトル探しはこれからも探してはみるつもりですが、
そもそも隙間の時間潰しはゲーム以外で十分という気がしないでもないです。