#4624

次世代端末の布石


さて発表からたった一夜ですがさっそくiPhone 7が予約開始ということで、
週末定時退勤のあと、その足ですぐに最寄りのauショップに行ってきました。
予約開始は全国一律16時01分。退勤時間の関係でその時間には行けなかったため
予約できなかったらどうしようという不安が少なからずありましたが、
どうやらiPhoneの場合「予約=在庫取り寄せ」という形みたいです。
そもそも予約者全員が発売日に手に入れるケースは端から想定していないようで。

店に入ると年配者が受付カウンターを占拠しており、
整理券も渡されずに「しばらく座ってお待ちください」と誘導されてしまいました。
10分くらい経ってようやく要件を訊かれ、iPhoneの予約に来たことを伝えると
なにやら希望機種や個人情報、アンケートなどを書き込む用紙を渡され、
それを書いて待つことさらに10分。
ようやく中央の受付カウンターに案内されたのですが、
担当スタッフが入りたての新人社員のような挙動で
あまり良い印象はなかったというのが正直なところです。
受付用紙にMNP転入ということを明記しているのに、
本人確認段階でau契約者のデータベースから検索していたらしく
「お客様の番号が見当たらないのですが……」と困惑の様子。
MNPであることを念押しすると、ああそうでしたねすみませんとようやく話が進むのですが、
見積もり提示段階でも出てきた金額は普通の機種変の場合で、
半分くらい話が進んだところでMNPでしたすみませんと話が巻き戻ったり。
この調子じゃクレーマー年配者を相手にしたときに辛そうだなぁなどと思いつつ、
一通りauの現行プランは予習してあったので時折フォローしつつ話をさっさと進めていきました。

で、出てきた最終見積もりによれば、 7 Plus 256GBのauショップ販売価格は116,640円。
毎月割が最大68,400円 (2,850円×24ヶ月)。
ここにMNP転入の場合10,800円が端末代金から引かれ、
休日に受け取りに行く場合はさらに10,800円が引かれるそうです。
これらを計算すると実質負担額は26,640円 (1,110円×24ヶ月) 。端末代金は95,040円。
通信量とオプションは3GB定額+スーパーカケホ+AppleCare+=7,344円となり、
月間負担額の合計は下限が8,454円となります。

自分の予想では毎月割は2,500円程度だと思っていたので、安いなぁというのが第一印象でした。
というより、現行のiPhone 5sの実質負担額が1,296円なのでそれよりも安くなってしまうという。
カケホーダイに切り替わる関係で基本利用料がかなり増えるため、
実質的な毎月基本負担額は数十円ほど上回る形になりますが。
ただ現行契約はカケホーダイではない分の通話料がなんだかんだでロスになっており、
平均利用額は9,449円/月となっています。
これがスーパーカケホでどうカバーできるか。
あるいはカバーできなければ完全定額のカケホに切り替えるかどうかという問題になりそう。

ということで見積もりについては概ね不満はない、
というかこんな安くていいのかと思うくらいなのですが、それとは別に不安なことを言われました。
その新人スタッフ曰く、ブラックは入荷数が少ないので
最悪2~3ヶ月待つことになるかもしれない、と。
もしその最悪の事態が現実になれば現行の契約更新月の範囲を飛び越えてしまうので、
違約金約一万円が追加コストとしてかかる計算になり、
なによりも丸二年経ってやっと決意した機種変を3ヶ月も待たされてるのは辛い。
なんでブラックだけ入荷が少ないんだろうと思って帰ってから調べてみると、
どうやらジェットブラックは製造数が少なく人気も高いため、
数ヶ月待ちと言われている口コミが多くありました。
「ジェットブラック」は今回で初めて登場するツヤありブラックで、
自分が予約しようとしたのは従来からよくあるカラバリのツヤなしブラック。
これは新人店員さんがジェットブラックとブラックを混同していた可能性が否めないのでは……。

ただ、ブラックも人気のカラバリということであまり楽観視はしない方が良さそうです。
ここまできたらもう何も出来ずに待つのみということになりますが……
にしてもまさか「休日に取りに行ったら10,000円引き」なんていうキャンペーンがあるとは。
これのおかげで発売日に入荷連絡が来た場合でも土曜日に取りに行くことになり、
それは別にいいんですが、
事前に分かっていたら会社近くではなくて自宅近くのショップにしたのになぁ、
などと思わなくもないです。まぁ些細なことではありますが。