#4646

開かれた音の道


デジモノ 音楽


さてこの一週間は結局iPhone 7の整備で平日が過ぎ去っていったわけですが。
引き継ぎ作業的なものはすべて終わり、新しいホーム画面の構築もさくっと終わらせ、
あと残っているのは500本近くあるアプリのiOS10動作確認ですが
これは一気に片付けられるものでもないので、まぁ長い時間かけて出来ればいいかなと。

iOSのメジャーアップデートをするとこれもよくあることですが、最後の壁は同期問題でした。
アプリダウンロードも端末側で自動的に行ってくれるようになった今、
同期をする必要があるのは音楽の追加と再生カウント情報の更新くらいのものなのですが、
自分の場合はiTunes側のアプリライブラリをなるべくアップデートしないように保っているため、
アプリの大量アップデートや再ダウンロードを行うと物凄い容量の転送が始まる場合があります。
そして、メジャーアップデート後のiTunesはこういうときに大抵同期失敗することが多く、
今回もそのパターンでした。
いや、アプリ自体は意外とすんなり行ったらしいのですが、むしろ音楽の同期に失敗していたようで。
同期するとアプリ転送、データベース更新、バックアップ作成までは上手く行っているのですが、
進捗情報を示すところにはiPhoneにしかない項目を検出後、
転送準備中というところでどうしても接続がタイムアウトしてしまうという……。

調べてみるとUSB機器を沢山接続していたり、
またはUSBの端子によっては(おそらく電力供給などの関係で)失敗することがあるそうで。
試しに7ポートフル稼働中のUSBハブをPCシャットダウン後に抜き、
iPhoneとマウス・キーボードセットだけを接続した状態でポートを変えて再挑戦するのですが、
それでもことごとくフリーズ。
バックアップは成功しているのでこれを復元してみるもやはりダメ。

結局、音楽ライブラリを一旦全部削除してから再同期でうまくいきました。
おそらくですがiPhone 7の初回同期で一部のアルバムが正常同期していなかったそうで、
エラーデータとiTunes側のライブラリが競合して変な動作になっていたんじゃないかなと。
最近めっきり同期で困る機会も無かったのですっかり手間取ってしまいましたが、
音楽同期で困ったらライブラリ全削除が無難みたいです。
そういえば第五世代iPod touchの頃も同じようなことをしょっちゅうやっていたような。
まだ3,000曲ほどしかなかったあの頃はライブラリ全同期となると丸一日かかる大作業でしたが……。
今は10,000曲を超えても1時間ちょいで終わってしまう辺り、
USB3.0ってなんだかんだ早いんだなぁと実感させられます。

そんなわけで無事に全曲同期もできるようになったiPhone 7は
とりあえず最初のメンテナンスはこれで一段落かなと。
ところで使い勝手が悪すぎると嘆いていた純正ミュージックアプリですが、
単にローカルライブラリのアクセシビリティが落ちただけでなく、
よくよく見てみれば端末側でレート操作ができなくなっているばかりか、
シャッフル・リピートボタンも分かりにくいところに隠れてしまったようで。
純正ミュージックアプリはiOS5→iOS6のときも
シャッフルボタンが何故かアイコンを廃止して文字リンクになってしまうなど
謎の改悪がありましたが、今回はApple Musicとの無理矢理な癒着が目に見えていて
iOS6とは比べものにならないほど酷いというか何というか……。

しかし救いもありました。
購入二日目に「非純正アプリがデータベースにアクセスできるようになればいいのに」
的なことを書いていましたが、iOS10から実際にそれが実現されているそうで、
プライバシー設定項目にミュージックライブラリへのアクセス設定が追加されていました。
App Storeを探してみると、『Cesium』というアプリがこれに対応しているそうで、
さっそく買ってみました。
全体的な使い勝手はiOS5の純正ミュージックアプリに近い感じ。
シャッフル・リピートボタンもしっかりアイコン化されて一画面で完結しています。
さらに再生中の項目はライブラリ選択画面でもミニプレイヤーが表示されたり、
iTunesでいうところの「次に再生」「次はこちら」といったキュー機能が追加されていたり、
再生カウント、最終再生日時、コメントまで見れるトラック詳細情報表示などなど、
痒いところまで手に届く仕様になっています。
いやーすばらしい。ホントこういうのが欲しかったんですよ。
やっとiOS5.1.1から発展したミュージックアプリに出会えたような気がしました。
もちろん、ライブラリに直接アクセスしているため再生カウントも同期すれば反映してくれます。

ただし弱点もあり、プレイリストが多くあると読み込みが非常に遅くなるようです。
また、プレイリストフォルダが無視されて
スマートプレイリストと通常プレイリストでそれぞれ名前順に並んでしまっているため探すのが大変。
起動もiPhone 7 Plusですら5秒程度かかっているため、
これはさっと出してさっと再生したい携帯音楽プレイヤーとしては玉に瑕です。
今後のアップデートでの改善に期待するか、あるいはプレイリストを絞るか……。
ちなみ全曲表示やアルバム表示などは今のところ軽快です。

ともあれ、非純正という選択肢が出来たことで
音楽アプリはこれからこの『Cesium』だけでなく他のアプリの登場にも期待できることになり、
これからはそっち方面のアプリ探しが捗りそうです。

コメントを残す