#4668

反動を糧に


じわじわとマイブーム加速中の『クラッシュ・ロワイヤル』ですが、
どうも今のところ勝ったときの喜びよりも負けたときの悔しさが勝っているような気が……。
連戦連敗とかやらかすと本当に胃袋がねじれるくらい辛いんですよね。恐すぎる。
しかししばらく経ってほとぼりが冷めてから挑んでみると今度は連戦連勝を繰り返し、
結局はその日の最初のレートから変わらないというパターンを繰り返して本当に辛いです。

実はレート2000に昇格してから一度落ち、もう一度這い上がったときに
これだけプレイしているなら課金解禁してもいいかと思い昇格記念パックなるものを買い、
記念すべき初ウルトラレアの“ディガー”が当たりました。
昇格記念パックは1,200円で値段相当のエメラルド(=1,200個)を購入すると
それに3,700円相当の最高レア宝箱とエメラルド500個相当のコインが付いてくるというもので、
その宝箱からドロップしました。

さらに日付が変わったところでウルトラレア宝箱なるものが出現。
これは一日一回限りエメラルド500個で買えるというもので、
この時点でエメラルドは1,722個まで溜まっていたので勢いこちらも買ってしまいました。
そしてドロップしたのは“ラヴァハウンド”というウルトラレア。
既存のデッキにいきなりこれらを組み込むには無理があると思われたので
第二スロットにラヴァハウンドを軸にしたカードを選出して戦ってみるのですが……。
最初の数戦は惨敗。結局いつもの連戦連敗からの連勝で浮上するという流れそのままという。
これではウルトラレアの意味が全くないばかりか、
課金してまで手に入れたものを活用できていないという汚名までが付きまとうわけで、
もう本当に負けているときはストレスでどうにかなりそうでした。助けて。

まぁでも振り返ってみれば、
そういえばゲームというものは昔の自分が「ハマった」と思っているものほど
そういうストレスのかかった状態からの反動を楽しむものだったのかもしれないなぁ……。
今、やり込み系にことごとくハマれずもどかしい思いをしているのは
ストレスからの反動を体験する前にまずその精神的負荷に参ってしまって
成功体験を味わうこともなく次々に止めてしまっているなのかなと思ったり。
そういう意味ではクラロワはソーシャル要素もありながら、昔ながらのゲームと言えますが、
しかし最近どうも負けることに臆病らしい自分にこの精神的負荷はかなりキツめのようで。
他ゲームでいうところのリーグに相当する「アリーナ」は現在7、
最高リーグはアリーナ9ということを考えるとそこそこ登ってきた方だとは思うのですが、
登れば登るほどまた見返りは少なく険しい道になるのが勝負の世界の常であるわけで……。
今は簡単に世界上位の空気を共有できてしまうだけに
ことさら自分の立ち位置とのギャップに苦しみやすい環境にあるような気はします。
『メテオス』をやり込んでいたときの自分は
ヘブンズドアで7位相当のスコアを出して舞い上がっていたものでしたが、
今の自分だったら「まぁでもまだ上に6人いるわけだしなぁ」という思考が先に出てくる気がします。

というわけでどうにも負けたときの衝撃に引きずられがちでつらいクラロワ。
このゲームは幸い他人同士のリプレイをほぼ見放題という素晴らしいコンテンツがあるので、
今までは我が道を行く主義でほとんど見ていませんでしたが
今後はこういうコンテンツも利用して少しでも自信を見出せるデッキの編成に役立てたいところ。
目指すは最高リーグ一歩手前のアリーナ8、レートにして2300……。
単純に勝ち数が負け数を10回上回る必要があると考えればかなり険しい道のりになりそうです。