#4670

近距離無線の見えない壁


デジモノ 今日の出来事


Apple Payが日本で解禁となるiOS 10.1が配信開始していたので
バグに対する不安も薄々感じながら、
でもこれを避けていたらiPhone 7の最大の特色とも言うべきFelicaを使えないので、
行き当たりばったりな覚悟でアップデートしてみました。
Apple Payに登録できるクレジットカードはさまざまありますが、
要するに電子マネー決済サービスである
『QUICPay』『iD』『Suica』の3つのいずれかに対応したカードが、
それら電子決済を経由して支払いができるという仕組みになっています。
このうちSuica以外はApple Pay自体に電子マネーをチャージしつつ使うのではなく、
決済の時点でそのままクレジットカード会社に請求が行く仕組みになっているので、
使い方そのものはクレカ決済のときにサインと暗証番号を書く必要が無くなったというくらいで
そんなに大きく変わるものではありませんが、
財布を忘れてもスマホさえあれば買い物ができるというのはやはり大きいかと。

ただいろいろ調べてみたところによるとQUICPayとiDは決済時に指紋認証が必要なのに対して
Suicaはスリープ状態からタッチするだけでも決済可能だそうで、
その辺のタイムラグを気にするならSuicaで統一してしまうのが無難なんでしょうか。

とはいえ……ぶっちゃけてしまうと、この手の電子マネー類は
どうしてもレジでどの電子マネーを使うか会計前に自己申告する必要はあるそうで、
その辺に人一倍ハードルを感じる部類の人間としては
電子マネーそのものの利便性云々よりもまずはそちらに高い壁を感じずにはいられません。
というより、QUICPayが世に出てこれだけ時間が経ってもなお普及していないところを見ると、
「店員と余計なコミュニケーションを取りたくない」
というのが意外と自分個人の問題のみならず
国内のおサイフケータイ普及の妨げの要因にもなっていたりするんでしょうかね?
あるいは、ただ単に周りが使っていないから使いにくいだけか。

7購入以前はApple Payがサービスインしたら決済は全部電子マネーで済ませたい、
などと書きましたが、
この辺のハードル云々を考えるとコンビニでの買い物はまだしばらく現金払いが続きそう。
できることなら諦める前に一度どこかの機会で試しにSuica払いを体験してみて
それを踏まえて本当に使うかどうか判断したいところではありますが。
そもそも今時点ではApple PayへのSuicaの取り込みサービスに障害が発生しているようで
カードの移行はクレジットカードしかできていないため、
テストするにしてももう少し先の話になりそうです。

さて今日は今月最大の山場で退勤は22時でした。
春頃はその月で一番忙しい日でも残業量はたかが知れていると言える程度だったことを思うと、
いよいよ今年も地獄の季節が近付いてきたんだなぁ、と実感。
特に今は仕事に対するモチベも過去最低と言えるような心理状態のため、
このまま突入してしまったらどうなってしまうのか想像が付きません。
どうなることやら……。

コメントを残す