#4676

中途覚醒の呪い


生活リズム不順に陥ると
何も手に付かないんだけれど就床直後に熟睡できるわけでもない日というのが必ず来ます。
この微妙な眠気に耐えかねてベッドに潜ると、
寝ているんだか寝ていないんだかよく分からない時間をしばらく過ごしたのち、
01時過ぎといったどうしようもない時間になってから頭が覚醒するんですよね。
今、睡眠の悩みで一番厄介だと思うのがこの現象かも。
もっと酷かった大学時代後期なんかは24時間起き抜いて極限まで眠くなった状態で入眠して
なおも4~5時間しか眠れないという今思えばとんでもない状況に陥っていたりもしたので
そういうところから考えれば今現在の悩みも大したレベルではないようには思うのですが、
しかしアフターファイブが「眠れそうで眠れない」で大半潰してしまうと
実際非充実感とか半端ないんですよね……。
仕事が忙しいときはこういう感覚は無く、
むしろ10時間掛けてベッドでごろごろできることにこの上ない喜びを感じたものですが、
それはもう本当にオーバーワークが続くような状況にならないと出てこない感情です。
生半可な忙しさだったり、今のように定時退勤が安定していたりすると
寝るだけのアフターファイブはむしろ辛さしかないわけで。

これを避けるために最近は帰宅夕食後に一時的に寝ていることにしているのですが、
今日は月曜日にしてそれが不発だったためこんな事態になってしまったのでした。
この中途半端な眠気を回避するためにここ何ヶ月か帰宅夕食後にすぐ2時間ほど寝て、
本睡眠は03~04時頃に寝て08時起床というサイクルで
週の中間を過ごすことも多くなってきていますが、
就寝時間が物凄く遅いにも関わらず意外とこの方が朝は起きられたりするんですよね。
健康にどう影響を与えているのかは分かりませんが、
もう割り切って仮眠を取れる日はなるべく取ってしまった方がいいのかも。
実家の環境やらその日の眠気やらでできたりできなかったりするのがまた悩みどころではありますが。

特に最近はスマホ高機能化に伴ってPCとの性能差が減ってきていることもあって、
もし中途覚醒してしまってどうしようもなくベッドの上で2時間以上過ごすことになったとしても
その場でできることの幅はそれなりに広がっているため、
タスクの種類によっては頑張ってPCデスクの前に行く必要もなかったりして、
これもいろんな意味で睡眠に影響を及ぼしているような気はします。

まぁとりあえずあれですね、アフターファイブを眠気で食い潰してしまうと
今日の出来事を書き残す余地が無いのが本当に悩ましいというか。
自分的には睡眠そのものの悩みよりもこっちの方が深刻のような……。