#4711

記録のバトン


デジモノ

さっきまで2008年夏から現在に至るまでのゲームプレイ録画データを整理していました。
今までは録画方式別に無造作に置かれていたのを、ゲームタイトル別に整理。
ちなみに録画回数、容量、合計時間のトップはすべて『ピクミン3』でした。
録画時間は254時間。ちなみに実プレイ時間は今年初頭に600時間を超えています。
ただ今年は去年秋からのチャレンジモード界隈の盛り上がりに乗じて
『ピクミン2』の方を重点的にプレイしてきたのもあって、
現時点ではこちらもチャレンジモードのみで228時間と物凄い勢いで追いつきつつあります。
このまま旧作が注目され続ければ録画合計時間は近いうちに追い越してしまいそうな。

ちなみに自分の録画事情を少し書いておくと、2014年春以前は外付けHDDで頑張っていたとはいえ
やはり初代PC時代は金銭的にもスペック的にも容量制限がキツかったのもあり、
録画するのは専ら「これが本番」という認識があるときだけの記録手段でした。
それが今ではPCの内部容量だけで7TBを数えるまでになり、
基本的に主要タイトルをプレイするときは無条件で録画しておくのが最近のスタイルです。
そのせいで旧作の録画時間が激増しているというのもあるかと。

現在のゲームプレイ録画の全容量は3.51TBと、
いよいよ4TB HDD(実領域は3.63TB)だけでは片付けることができなくなりつつあり、
以前にも少し検討していた増設HDDをもう一度検討する局面に来ているところです。
どうせなら以前検討していたNASにしたいところではありますが、
なんだかんだで二代目PCも来春で丸三年を迎えるということもあって、
いつの間にか1~2番ポートのHDDも使用時間2万時間を超えていたりします。
これらの劣化まで考えると、NASを買って大出費したところで
別途内蔵用HDDを買わざるを得なくなる可能性も……。
データを失わないために買うHDDですが、HDDそのものが実は消耗品だったりするのが
バックアップ絡みの悩ましいところではあります。
持っているデータ全部現状のまま維持したかったら買い続けるしかないという。

ともあれ録画保存場所は残り83.3GBと満タンになるのは目と鼻の先なので、
どっちに転ぶにしても年末年始頃には大きな出費は避けられなさそうです。

HDD整理に夢中になっている間にいつの間にか平日04時を超えているわけですが。
2時間仮眠を差し引いたとしてもこれはさすがにマズい。
最近さすがに睡眠不足なのか午前中は吐き気との戦いになっていることも多くしんどいです。
二度睡眠よりも毎日がっつり寝ておきたいところではあるのですが、
なかなか思い通りにはいきませんね……。
まぁ、昔から極端に朝に弱い体質だったので吐き気の原因は別にある可能性もありますが。

コメントを残す