#4721

税金は人の夢を見るか


文化 空想


昨日はアフターファイブを全部犠牲にして帰宅&夕食後即刻就寝していました。
布団の中からブログ下書きを書きつつも23時過ぎには寝落ちしてひたすら9時間睡眠。
おかげさまでさすがに朝は勝手に目が覚め、
貴重な早朝のおぼろげな時間を布団の中でしばらく満喫していましたが、
いつものアラームの時間になったときの「二度寝したい」感はいつも通りでした。
アラームがむしろそういう気持ちを想起させている可能性も無きにしも非ずか。

オン・オフ共にいろいろと問題山積な今日この頃ですが、
それでも今日は最大の懸念だった定期外案件がとりあえず山場を越え、
あとは自分が責任担当になっている定期案件の年末スペシャル版をこなすのみとなりました。
こちらの最初の山場は明日ですがあらかじめ方々へ立ち回って予防線を張っておいたおかげで
明日はとりあえずそこまで自分だけが辛い目に遭わなくて済みそうです。
問題は来週の山場か。そこを超えればもう年末までまっしぐらなんですけどね。
ちなみに今週末がどうなるかは分かりません。

そんな感じで起きたら会社に行き、帰ったらほぼ寝るのみという生活に突入しているわけですが、
そういった自由の無さが欲望の指向性をも狂わせているのか、
今週末は人生で初めて宝くじでも買ってみようかなーと思い始めている自分がいます。
一昔前なら「3,000円をどぶに捨てるかもしれないなんてばかげてる」と思っていたものです。
3,000円使えばゲーム音楽書籍その他諸々の中から少なくともひとつは買えるわけで、
その可能性を無為にしてしまうのは勿体ない、と。
今となっては3,000円なんて毎月の市税だけでも余裕でぶっ飛んでいるわけで、
宝くじも税金も同じ公共事業に使われるべきお金なら
「プラスアルファして納めればフィードバックがあるかもしれない納税」
として宝くじを捉えれば……いつもの納税もひっくるめてなんとなく有意義に見えてきませんか??

というような妄想を仕事の最中に繰り広げていました。
意外と頭の中が空想だらけのときの方が集中できたりするんですよね、これが。
ちなみに実際に買うかどうかは週末になってみないと何とも言えません。

コメントを残す