#4740

今年の抱負 2017


2017年、あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さていよいよ平成20年代も終わりに近付いてきた平成29年酉年。
毎年恒例の年間計画を書き残すこの連載ですが、
去年は「妄想だけで終わっちゃ駄目だ!」と言いつつ具体的に表明はしてみたものの
結局身体と時間がついていけずに気が付けば一年が終わっていました。
具体的だろうがざっくばらんであろうが、その場でやる必然性が無ければ結局できない、
というのが2016年の年間計画をざっくり振り返っての感想です。

そういうわけなので今回はもう少し捻ってみて、
2017年の一年間という視点ではなくて「2020年までにやりたいこと」をまず書き出して、
その第一段階としての2017年はどうあるべきかというところから考えることにしました。
それはきっと元日の一日だけでは結論は出ないはずで、
元日にいかにしてキッチリ具体的な目標を考えられるかというよりも、
むしろ年間を通して何かを成し遂げるということをいかに次の年の瀬まで持って行けるか、
というところそのものが大事であるように思います。

それはそれとして、2016年の続きとしての目標をひとまず挙げておくと、
まず趣味関係……とりわけこのブログは「書くために書くことの脱却」が第一かなと思います。
2016年の本家ブログは、形骸化していたカテゴリを12個に細分化したり、
同様にまったくタグ生成に追いついていなかったため意味を成していなかった固定ページも
とりあえず形だけはタグマッピングに追いつけるような仕組みを作ることができました。
アーカイブの横断的な整理は結構進んだと思います。
また一本当たり最低行数・最低文字数のハードルをぐっと下げることで当日内投稿しやすくしたり、
カテゴリ再編によって“今日の出来事”を書かなければならない制約が無くなったので
一本につき話題ひとつとして興味のあることなら何でも書くというスタイルでも書き始め、
「ただの日記」から「ただのブログ」になる準備を整えたのが去年一年間だったと思います。
ですので今年からはもう存続維持にエネルギーを費やすことはなるべく避けていき、
従来型の書き方ではない新しい方向性をいよいよ確立する一年にしていきたいなと思っています。
一日一本の制約に追われてただ書き残すためだけに書くのではなく、
せっかく見てくれる人がいるなら
そういった人たちに楽しんで貰えるコンテンツを作ることができるようになったらいいな、と。

ある意味今となっては自分はこのブログの運営が生活そのものとあまりにも密着しているので、
例えば毎年この日に挙げているようなプログラミング言語の習得、あるいは創作、読書、
コミュニケーション能力の改善といったものはすべてブログ運営に繋がっている目標と言えます。
なので今年はまずブログを本当の意味で「更新」することを第一に考えていきたいところ。
収入額向上・転職・仕事のための専門知識の習得といったより現実的なところの目標は
それこそ2020年計画の一端としてこれから考えてじっくりいきたいな、と。