#4744

光で繋ぐ箱


今日は元日に届くように去年末に注文していた外付けHDDをセットアップしていました。
外付けHDDは640GB→2TBときて今回の4TBが三台目となりますが、
640GB HDDは随分前から休止中だし、
去年二台目が破損してしまったのでバックアップ用HDDとしてはこれが唯一ということになります。
今回はネットワークHDD、いわゆるNASを導入してみました。
USBでローカル接続するのではなく、有線LANでルーターに繋ぐというもの。
これならローカルネットワークを通じて複数端末からも簡単にアクセスできるし、
あわよくばクラウドストレージの代替として使っていきたいという気持ちがあったのですが、
実際にセットアップしてみると、どうもそんなに生易しいものでもなさそうです。
メーカー提供のネット経由でアクセスできるアプリがあったので試してみたのですが、
動画のストリーミングは基本的にエンコードを挟まないものらしく、
フルHD動画はとても見られたものではありませんでした。
一応、読み取り専用ではあるもののテキストファイルやPDFなどは問題なく閲覧できるので、
出先からちょっと確認したいという程度ならDropboxの代替にもなれるかなとは思いますが、
専用アプリの挙動なども読み込みに非常に時間がかかり、
NASはそのままの状態ではクラウドストレージには敵わないんだなというのが第一印象でした。
まぁ、アドオンとかもあるそうなのでこれからもいじっていきたいと思います。
というか、そもそもの目的はゲームプレイ動画のアーカイブ置き場なので、
必要最低限はすでにクリアしてはいるんですけどね。

ちなみに今回買ったのはI/O DATAの『HDL-AA2』4TBモデルです。
このモデルはNAS自体にUSBポートが付いていて、
ここに外付けHDDやフラッシュメモリを接続すると容量が拡張できるという仕組みになっています。
あと中身の2TB×2台のHDDは取り替え可能で、
容量がいっぱいになったらこれを4TB×2台に換えるといったこともできるそう。
これで自分のPC環境で稼働中のHDDの合計は10.74TBとなり10TBの大台を越えましたが、
消費スピードも年々早くなっているため下手すると今年末にはもう4TB……とか言ってるかも。
まぁその辺はコンシューマーゲームの盛り上がり次第ですかね。