#4745

原初的好奇心


仕事始めでした。
当然昨夜は延々眠れず04時半入眠08時起床。
ですが就寝自体は00時半過ぎの早い頃からだったのもあってか頭の疲れはあまり無かったし、
あろうことかこの年末年始の親戚騒動を一通りかいくぐった直後ということもあって、
会社が居心地良いとまで思ってしまいました。いやー、去年の今頃までなら考えられん。
むろん今はさっぱり忙しくないというのもありますが。
同業他社でも仕事始めは明日からが大多数で、
忙しくないのに一日早い仕事始めにしたのはなんでかと不満もあるにはありますが、
もう今はとにかく何も考えずに週末三連休まで走り抜ける所存です。

帰りにはコンビニ以外で今年初めての買い物ということで、
といっても書店なのですが。しかも本が目的ではなくてまたまたしても文房具なのですが。
今回は先日買った鉛筆のキャップを買い足して、
ついでにパイロットから『Mogulair(モーグルエアー)』という
筆圧吸収する新機構のシャーペンが出ていたのでシャー芯のついでに買ってしまいました。
こういう複雑なつくりのシャーペンは基本的に芯径0.5mmのものしかないのが普通ですが、
やっぱりそれは0.5mmが一番メジャーだからなんでしょうかね。
かくいう自分もやはりバリエーションの豊富さと、
替え芯を一番たくさん持っているのが0.5mmなのでこの芯径のものをたくさん持っていますが、
0.3~0.4mm辺りがもう少しメジャーになってくれればなーという気持ちは結構あります。
0.2mmまで行くとちょっと実用性を犠牲にしている感はありますけどね。
芯径0.1mmのシャーペンもいつかは登場するんだろうか。

何らかの書籍を買ってもいいかなという気持ちもあったのですが、
専門書コーナーをざっと回って目を引くようなものを見つけられなかったので今回は退散。
読書については去年、ひそかに月間一冊という目標を立てておきながら見事に玉砕したわけですが、
なんというかそもそもそんな風に知識の吸収対象を指折り数えるのが間違っていたのかな、と。
2017年に改めて知識吸収のことで目標を立てるとしたら、
何冊読むといった冊数についてはあまりこだわらずに、
この二年間のつんどくリストの中にある
「これだけは読みたい」と前々から見定めている、ある専門書籍三冊だけは読み切りたいところ。
三冊合計のページ数は1,872ページなので一日平均5.2ページ、
月間156ページならまぁ月間一冊よりは現実的ですかね。
他のはそれら三冊に疲れた際に合間に読むもの……という感じで、
書籍を横並べにしておくのではなくて優先順位を明確にしていきたいところです。
そうすることで相対的にメイン三冊以外は以前より取っつきやすくなる……かも?
あと冊数単位ではなくて章単位で月間目標を立てるのもいいかもしれませんね。
50ページ程度なら意外とちょっとした合間に読めますしね。

何かを読みたいと欲する場合、自分はそれを知っていると他人にひけらかしたい、
という自己顕示欲や承認欲求がどうしても表面に出て、買うことでそれが満たされてしまうので
結果としてこれだけのつんどく本が生まれてしまうのだと自分は思っているのですが、
それらの欲求の奥底には、そもそも単純に、純粋にその本の内容に惹かれて、
中身を知りたいと思った気持ちが必ずどこかしらにあるはずで。
今まで読書経験を積めなかったのはそれを蔑ろにしてきたからなのかもしれません。
この辺は勉強にも通じるところがあると思います。