#4747

情報圧縮のための学び


改めて栄養ドリンクの効果を思い知りました。
二日連続で夕食後仮眠を避けられず、しかもがっつり3時間熟睡コースを満喫してしまうおかげで
今度は本来寝るべき時間に眠れないというような日を過ごしていた仕事始めの週でしたが、
最終日の今日は帰宅前にコンビニでリポビタンDと
『苺ソースの絹れあ』というセブンの新スイーツを買ってすぐに口の中に放り込んだら、
もう不思議なくらい眠気が来ない。
そのまま特設サイトのメンテ作業に没頭しているうちに執筆現在02時半過ぎという。
いやむしろこれ仮眠無しですら眠れないのでは……?

カフェインは飲んですぐには効かないため「眠くなってからでは遅い」とよく言われますが、
今回は本格的に眠くなる食後に備えて帰宅直後に摂取したのが功を奏したようです。
あるいはコンビニスイーツが頭を覚醒させた可能性も……?

そんなわけで最近自分自身のピクミンモチベはさておき
ピクチャレ大会の方が大変盛り上がってくれているおかげで
管理者としてはPHPの勉強も捗るというものですが、
いよいよプログラム本体も5,000行を超えて収拾つかなくなってきている感が漂ってきています。
そろそろ同じような処理を関数にまとめるなどといった思い切った行数削減に踏み切らないと
機能追加しようにも何がどうなっているのかが把握できなくなりそう。
一番恐いのは、この一連のブームが一段落したあとにまた再燃した再、
3,000行未満の頃ですらどこからいじればいいのかてんで見当が付かないような日もあったのに、
今この状態で長期間放置したら完全にブラックボックスと化してしまいそうです。

本当はPHPも関数を使うか使わないかに関わらず
一度ざっとマニュアル本の類を端から端まで読んでしまうべきなんでしょうけどね……。
現状は必要になった情報のみ関数リファレンスから引っ張ってくるという手法で、
実践的なため覚えやすくはあるものの、やはりピンポイントな学習でしかないので
あとあとでもっと効率の良い方法を知っても引き返せないことが間々あります。
手続き型の記述に慣れてしまうとオブジェクト指向型がどうししても使えない、みたいな。
行数が膨らむ原因になっているのも、
結局今まではその場凌ぎだけなら関数を作っておかなくても何とかなったからなんですよね。

とはいえ、マニュアルをがっつり読んでからやろう、
などと不必要に意気込んでしまうといつまでも書く作業に行き着かないのも事実で、
自分は効率が悪くともこんな風に試行錯誤していくのが合っているような気もします。
PHPはそんな風に知識を整理する段階に来ていると思うのですが、
それ自体を教訓に次のプログラミング言語は
もう少し気負わずに、でもできれば横堀を埋めるところから学んでいきたいところです。
新しい言語の習得ターゲットを選ぶとしたらやっぱりJavaScriptですかね。
jQueryはもはや必修でしょうが、
それとは別に今年以内にちょっとしたミニゲームを作れるくらいにはなりたいなぁ。

と、夢を語ったところでさすがに寝ておきます。眠れるのかどうかは微妙ですが。