#4773

経験値の価値


自分


最近たまーに思うことなんですが。
ピクミンシリーズ以外のゲームを卒業してみるのもアリかな、と。

自分は主に情報収集源をRSSリーダーとTwitterとわずかなリアルの繋がりに頼っています。
リアルの比重が小さいため、日々入ってくる情報は基本的に過去の自分が興味を持ったものの延長戦、
あるいは一般時事問題に限られています。
例えばTwitterは900人余りのフォロワーさんはほとんどがbotかゲームクラスタだし、
RSSリーダーもGoogleリーダーの時代からゲーム系ニュースサイトを数多く登録しています。

が、最近本当にめっきりその詳細を見に行ったり、「おっ」と思うトピックスが減りました。
情報が追い切れていないために1本ずつをしっかり見ていないというのもあるのでしょうが、
とにかくここ数年、本当にタイムラインでみんながやっているようなタイトル以外を
選ぶことができなくなっているとつくづく感じます。
先日ソーシャルゲームを復帰しようと結構事細かに新作を見ていったときも結局見つけられず、
コンシューマーゲーム関係も身内間で何か遊べるものを、
とローカルマルチ中心でタイトル探すことは2008年からずっとやっていることですが、
2015年頃から急に失速して去年後半くらいからは本当に壊滅的な状況になっています。
なんだろう、最近のタイトルがみんな同じような内容に見えてくるんですよね。
遊ぶ前から飽きて放り出す自分の姿が見えて興醒めしてしまうんです。
これは音楽の興味の無いジャンルがみんな同じ曲に聞こえてくるのと同じで、
無関心の表れだと思っています。

それでも周りはゲームを辞めないので続けるしかないと思う節もあるわけですが、
ゲームという範囲内で自分が楽しめる余地がもう無いと感じているのであれば、
いっそのこと見限ってその時間を別に向けた方がいいんじゃないか、
というのはここ最近よく感じていることです。
何度も書いていますが、特にやり込み系で自己顕示欲を見たそうと思っても
もう社会人である限り時間コスト的に到底無職や学生にはかなわないわけで。
ゲームの代わりになるものが何なのかは切り捨ててみないと分からないけれど、
切り捨ててみると意外と簡単に見えてくるような気がしなくもないです。

そういうわけで、これはゲームに限らない話ですが、
今まで自分は趣味を長くやっていることがステータスだと思ってきたけれど、
それが実は大人になってからの視野の開拓を妨げている可能性もあるんじゃないか、
と思う今日この頃です。

コメントを残す