#4792

白紫合戦


web制作 ゲームのプレイ日記



特設サイトにて先週末から今週末まで開催していた「期間限定ランキング」、
第8回大会が無事に閉幕となったので、一日遅れですがそれについての経緯とかをいろいろ。
上の動画は主催にして参加者の自分がおそらく一番やり込んだステージです。

ピクミンシリーズのチャレンジモード各ステージのスコアを集約するサイトとして、
前身のピク3同盟から分離してまもなく最初の投稿から10年が経つピクチャレ大会。
期間限定ランキングは通常ランキングで行き詰まった人向けに、
特殊なルールを加えて決められた期間内でピクミンを遊ぼうというもので、
最初は完全にスルーされてしまったのですが、
年始に準備して今年の元日に開催した第7回大会でチーム対抗戦を提案してからは、
参加者数がかなり増えてきている傾向にあります。
今回も最終的には12人となり、前大会に続いて参加人数最高記録更新となりました。

チーム対抗戦では参加者数が奇数となった場合にどうしてもチーム人数が不均衡になるため、
前大会ではその調整ポイントを設定していたのですが、
これが「プレイヤー数基準」かつ「全ステージに参加することを前提」とした計算式だったため、
結果的に最終日に少しだけ参加したい人が参加した方のチームが不利になるという問題がありました。
まぁ参加する以上はある程度やってほしいという願いもあったのですが……
全員が全ステージ投稿を前提とすると参加にハードルを感じてしまうのも確かだったので、
今回はその辺も調整しました。
が、今回は12人全員が全ステージに投稿してくれたので、
結果的に調整版の少数チームポイントは日の目を見ずに終わったのですが。

改善点としてはそれくらいだったのですが、開催にあたっての準備にはえらい苦労しました。
少し前にもややぼかしぎみ&ぼやきぎみに書きましたが、
とにかく年末に書いたプログラムが次回の開催を見越した書き方ではなかったため、
それに汎用性を持たせつつ、前大会の状況等諸々が崩れないように組み直さなければならなくなり、
これに結局休日丸一日分程度はかかってしまったように思います。
この辺は本当に自分のプログラミングも付け焼き刃っぷりを実感しましたね……。

あとは縛り内容についても今回は公募2ステージ、自分のオリジナル2ステージという構成でしたが
総じて地力がものを言うステージやイライラゲーが多く、
ステージ選択や4ステージのバランス調整にもっと時間をかければよかったという後悔もあります。
ルール設計そのものに心を奪われ、それに多くの時間を費やしていましたが、
そもそもこれの本質はゲームを遊ぶことにあるわけで。
この辺は次回に活かしたい反省点の第一かなと思います。

あと新たな問題として、純粋にプレイできる時間が長い人がいる方が有利で、
「参加したいし若干なら時間はあるが1位になるまでやり込む時間が無い」
という場合に非常にハードルを感じる大会になってしまったと感じており、
次は少なくともその辺を解消したルール改訂は必須かなと思っています。
まぁこれはまさに平日ほぼ参加できなかった自分が個人的に思ったことでもあるのですが。
主催の自分でも「面白そう」と感じられる設計ができたらいいなぁと思うものの、
依然ハードルは高いです。みんなが楽しめる大会を運営するのもなかなか難しいなぁと。

コメントを残す