#4796

月末の華の夕暮れ


文化


地元ではどこまで実行しているのか知りませんが、
少なくとも全国的にはその月の最後の金曜日を15時退勤にするという
「プレミアムフライデー」を初めてやってみる日だったようで、いろいろイベントもあったようです。
少し前には残業時間の上限が変わったり、あとは非正規雇用でもボーナスを支給する動きがあったり、
いわゆる働き方改革についてのニュースが続いている今日この頃ですが、
自分の会社では今日もプレミアムフライデーのプの字も出なかったあたり、
すぐにはそれに順応するとは考えられない……というかそもそも実現するのか怪しいという。

とはいえ一律に「金曜日を早く帰れるようにしよう」と言っても、
じゃあプレミアムフライデー需要に対応するホテルや娯楽施設の従業員はどうなるのかとか、
週末が忙しい業界はどうなるのかとか、一概に「いいね」とは言い難い面もあるわけで。
季節によって忙しさにかなり波があるポジションに就いている自分としては、
それよりも年間休日をもっと増やして欲しいと切実に思います。
今年は繁忙期であるはずの冬季をわりとサクサクと凌ぎつつはありますが、
ここを抜けて春になるとおそらくどこかであからさまに暇になる日があるはず。
そういうときに、それでも常勤契約だから出なくてはいけない、
というのは自分にとっては時間の無駄だし、会社にとっては人件費の無駄だと思うんですよね。
もちろん、そういうときにしかできないようなメンテナンスや準備の仕事は重要なことですが、
前年度はそういったことを一通りやってもなお時間が余るということもあったので、
次年度もその辺が不安といえば不安。
業界全体が割とこんな感じなのか、今の会社だけの特性なのかは分かりませんが。

今週は結局先週よりもすんなり終わって週末突入の実感が無いほど楽な一週間でしたが、
それは時間だけの話で、内容的には自分の目の行き届かない部分での凡ミスが続いてしまっていて、
なんというかその場凌ぎでやってきたのがそろそろ通用しなくなってきた感があります。
自分のところはプレミアムフライデーはどうせ実現しないのでもう諦めていますが、
その代わり来月中旬の三連休前後に有休を確保して大連休にしようかなと画策中です。

コメントを残す