#4797

寝ぼけ眼の地雷掃除屋


ゲームのプレイ日記


昨夜の話ですが、夕食後が本当に尋常ではなく眠かったので、
何か凌げるものを……とヘロヘロな頭の中を検索していきついたのが「マインスイーパー」でした。
ご存じWindowsプリインストールゲームの大定番。
『ソリティア』『HOVER』『ピンボール』『ハーツ』いろいろなゲームがありますが、
自分はやっぱりマインスイーパーが一番好きです。

WIndows 10ではデフォルトでインストールされておらず、
さらにネイティブアプリではなくWindowsアプリ化されてしまっているので、
昔ながらのテイストではもう遊べなくなってしまっていたのですが……
まぁ基本ルールは変わらないしこれでいいか、と『Microsoft Minesweeper』をインストール、
何気ない気持ちで中級をやってみたら面白いのなんの。
眠気で壊れかけている頭の中をビシビシとつなぎ合わせていってくれるかのような快感。
このゲーム意外と百マス計算的な脳トレ効果があるんじゃないかなどと思いつつもやっていると、
自分にはどうやら中級で70秒くらいが精一杯ということが分かりました。
これは是非、なんとかして1分切りたい。などと思ってしまってしまったが最後、
休日初日も延々とリトライを重ね、集中力切れで頭がとろけそうになったら休憩、
そしてまた再開……を繰り返してようやく冒頭の動画にある55秒を叩き出しました。
いやー、本当に久々にゲームにムキになった気がするなぁ。こういう体験を大事にしたいですね。
65秒を切ってからの苦しさはなかなかのものでしたが、
それは目標を60秒に設定したせいでもあるのかな、と。
そういえばピクミン2チャレンジモードも70万超えを長期目標にして699,900点に到達してからは
もう毎回が精神崩壊との戦いみたいなところがありましたが、
それを突破してからの自己ベ更新はまったく気負わなくなりました。
69万だった頃は大変に苦労したものもあっさり超えてしまうという。
目標設定は大事だけどあまりそればかりに気を取られすぎると
視野が狭まって実力が出せなくなるという好例だったんじゃないかと思います。ピクミン然り。

あとインディーズゲームはもう意欲不足過ぎて駄目だーみたいな話を最近よくしていますが、
こういうシンプルに熱くなれる類のゲームに秘められた可能性を思い直すきっかけにもなりました。
過去にハマったもので同じ系統のものだと数独早解きとかいいかもですね。
あと単純にステージクリア系のパズルもアリか。

コメントを残す