#4821

孤独の道を征く


春分の日連休最終日。

今回の連休ですごく感じたことは、通勤もなんだかんだで自制心を支えているんだなということ。
今も明確に会社の一部に対して不満は抱いているはずなのですが、
いっぽうで、実は仕事がすでに自分の他者承認を満たしてくれる場になっているのではないか、
それに慣れたからこそ今まで平然とやってきた自己満足作業に物足りなさを感じるのではないか、と。

考えてみれば個人ブログなんて無償が当たり前で50pv/日を越えているのは上位たった数%しかなく、
恒常的にさまざまな人からレスポンスを貰っているのはさらに限られているわけです。
他人ありきのコンテンツを作らず、
かつ内輪SNSとしての性格も最初の二年しか持たなかったこのブログからしてみれば、
出勤すればとりあえずお金がもらえ、役割をもらえる会社に報酬の面でかなうはずがありません。
最近やたらと自己満足ではもう限界、みたいなことを呟いてきましたが、
そういう意味ではそもそも上がろうとしている土俵が違うのかなとも思います。
仮に働くのと同じ収益をブログであげられるようになったとして、
果たしてそれは自分の理想とするブログ像だろうかという話。答えは当然否です。

やっぱり個人ブログは自分が書きたいと願うから、書くのが好きだからこそ続けるべきであって、
その動力に他者承認を据えようとするのは少しお門違いだったかもしれません。
今でこそなんだかんだ現状維持でいっぱいいっぱいになっているこのブログですが、
少し初心に立ち返ってみる段階に来ているのかも。

そんなわけで、非充実を極めた今回の四連休に、
むしろ出勤がある面での心の支えになっている可能性を見た最終日でした。
連休が長くなるほどこうなるリスクがあるという点で、
今年のゴールデンウィークは自分にとって要注意な時期かも。
何か引きこもり回避できる策を探さないと……。
アウトドアに頼れば間違いないという話でもないのでしょうが、
何よりも今回は長さの割に趣味系作業以外の一切を軽視していたのがマズかった気はします。