#4850

睡眠時間の境界線


今日の出来事


昨日に引き続きしっちゃかめっちゃかに眠いので適当に書いて寝ます。
思えばこのブログの日記系カテゴリにおける一大テーマともいうべき「」ですが、
最近は平日帰宅後時間を活用したいという思いもあってか
睡眠不足に拍車がかかってきているような気がします。
なので平日作業が捗るときは眠気をおして深夜までいけるけれど、
意欲が中途半端で眠気に負けるとその日は帰宅後何もしないで終わりという両極端な傾向。
睡眠について調べていると、よくまことしやかに語られているのは
「6時間睡眠を2週間続けると脳が徹夜したときと同じパフォーマンスまで低下する」のと、
「ヒトの適正睡眠時間は7~8時間/日であり、個体差が大きい」の二点。
週間睡眠時間に直すと49~56時間くらいが適正、42時間を切ると危ないと。
さて、自分の最近の生活リズムに当てはめてみると、
月4時間+火5時間+水5時間+木5時間+金5時間+土8時間+日8時間=40時間。
(*就寝時間は最後に確認した時刻、起床時間は最初の覚醒時間として計算)

以前は02時までに寝るというのをひとつの目安にしていましたが、
最近は寝溜めで生活リズムが崩壊しがちな月曜日はもちろん、
なんだかんだで週の中間も02時を超えてしまうことが多いです。
以前も同じような計算をしたことがあって、
そのときは42時間のボーダーは越えていたような気がするのですが、これはさすがにマズいような。
ただ、今日まさにしようとしていますが、
最近は火~木のいずれかにアフターファイブを捨てて8時間睡眠を取っているので、
それを実行した週はボーダーは超えていることにはなります。
いずれにしてもこの生活リズムだと「前日が5時間睡眠で、今朝も5時間睡眠だった日の帰宅後」
がひたすら睡眠欲との戦いになるんですよね……。
その分、寝溜めする休日は眠気に悩まされることは皆無とはいえ、
休日がすべての生活リズムは計画期間が長く実行時間が短すぎるという特性もあってか
趣味系作業計画が破綻しやすく、ひいてはオフ時の充実度にも影響してきます。
なので今週はまず平日にいろいろやろう、と思って迎えたのですが、
やはりこの不安定な生活リズムを根本からなんとかしないと実現は難しそう。
うーん、とりあえず今週末は寝溜めしすぎないように頑張ってみますかね。
でもそれをいきなりやってしまうと週間睡眠時間がさらに減ってしまうような。

コメントを残す