#4870

無犠牲7日クリアへの道 -前編-


ゴールデンウィーク8日目。03時半就寝11時起床。
どうやら今年のゴールデンウィークはピクミンに始まってピクミンで終わりそうです。
というわけで昨夜ふと思いつき、今日一日をかけて『』本編をプレイしていました。
2015年の旧作復帰以来、チャレンジモードはたくさんプレイしてきましたが、
本編に着手するのはあの動画企画以来、ほぼ十年ぶり。

他にやり込んでいる人が(動画サイト上では)皆無だったあの時代、
自分が挑んだのは当時の最短日数であり、
かつ最小ピクミン数であると考えられていた《8日107匹》。
『ピクミン2』本編の正当ルートでは赤→紫→白→黄→青の順で仲間になるように、
次の新色を仲間にするために直前の新色を使ったギミックを突破する必要があります。
赤ピクミンと紫ピクミンはチュートリアルの範囲内なのでこれを動かすのは不可能として、
3日目に来る〈めざめの森〉ではまず白ピクミンを仲間にしにいくのですが、
このエリアには黄ピクミンでしか触れることのできない電線の向こうに青ピクミンがすでにいます。

普通は3日目は白のみ、4日目で一旦〈まどいの水源〉に行って黄を仲間にしてから、
5日目に再び〈めざめの森〉に戻ってくるという流れになっています。
また〈まどいの水源〉はその名の通り水の多いフィールドなので、
青ピクミンがいなければ攻略不可能な部分が多々あります。
よって、普通はこれらを二回ずつ訪れることになるというわけです。

ところが2012年に海外プレイヤーによって発見されたある技によって、
3日目に電線を越えて青ピクミンを仲間にする方法が確立されました。
これによって〈まどいの水源〉初着陸の日に黄ピクミンを仲間にすれば全色揃うことになり、
このエリアの一日攻略が可能になりました。
この発見によって、現在は7日攻略が理論値とされています。

また107匹が最小ではないことは、自分の動画を観てくれた視聴者からも指摘があり、
同じく2012年に《8日103匹》が達成されました。
この4匹の差は何なのかというと、基本的に最後に訪れることになる〈のぞみの大地〉では、
紫ピクミンが100匹必要になるお宝が存在します。
つまりこのためにどんなに足掻いても100匹は必要ということになります。
なおかつ、赤青黄ピクミンは地上で0匹になると翌朝にオニヨンから自動的に1匹分の芽を吹く、
という特性があります。つまりこれら3色は1匹が最小限。白は0匹でもスルーされてしまうようです。

当時の自分は赤青黄に関しては野生の5匹はカウントされないと考えていたのと、
紫100匹を作ったあとにある程度の数は戻さないとその後が攻略不可能になってしまうこと、
また〈のぞみの大地〉にはキイロポンガシグサが存在しないことから
黄は5匹が限界だろうと決めつけていたのですが、
実際には地下へ100匹連れてポポガシグサに紫を投げ込むことで黄への色変換ができることがわかり、
107匹という制約はあっさり越えられてしまったんですよね。

ピクミン2本編は未だに研究が続けられており、
現在の最短最小限は2016年に達成された《7日101匹》となっています。
何故101匹が可能なのかというのは文章で解説しているとキリがないので割愛しますが、
何はともあれピクミン本編界隈は自分が離れて以降も活発に研究される分野になっています。

ピクミンに触れるようになって長い自分ですが、
旧作復帰したにもかかわらず最短記録は十年前のままなのもどうかと思うし、
7日クリアだけなら割と短期間で行けるんじゃないか……?
などと思ったのがきっかけでした。
そもそもそこに至った契機が身内間で久々にピクミンのことが話題になったからなのですが。

というわけで昨夜でざっくり大雑把なチャートを組み、
無犠牲と〈のぞみの大地〉を最後にするという制約だけを盛り込み、
かなり猪突猛進気味に初めてみました。
例の3日目のバグ技は1時間半ほど粘ってなんとか突破。その翌日もなんとかクリアし、
現在は山場である5日目、〈まどいの水源〉1日攻略にさしかかったところです。
『ピクミン3』のときにもありましたが、
前日の色変換を間違えてしまったため1日攻略以前にすでに厳しい状況ですが……。
いろんな技を駆使すればクリアもできなくはないか、いや微妙か……?
といった状況です。

ゴールデンウィーク最終日の明日はとりあえずこの5日目への挑戦に打ち込む予定。
果たして突破することはできるのでしょうか。