#4909

E3 2017個人的雑感まとめ


その他


毎年個人メディアを気取ってE3各カンファレンスのまとめをしてきたこのブログですが、
ついに力尽きてしまったので今年は個人的な感想や見解を書き殴るだけにさせてください。

主要な情報については以下のリンクを参照。
◆公式サイト
任天堂E3 2017情報
PlayStation E3 Media Showcase… – PlayStation.Blog
Xbox E3 ブリーフィング – xbox.com

◆ゲーム系メディアの記事
Twitter上でもっとも反応があったカンファレンスは? – ファミ通.com
各社発表内容のまとめ – sibafutukuri
E3 2017 – 4Gamer.net

◆本家ブログ/Twitterログ
#4536『E3 2016カンファレンスまとめ』2016年06月14日 (前回のまとめ)
@koppachappy/2016年06月14日のツイート – Twilog.org (任天堂カンファ実況等)

*  *  *

去年は任天堂の発表がなかった(厳密にはTreeHouseのみだった)ということもあって、
二年ぶりに任天堂・SONY・microsoftというファーストパーティ三社そろい踏みとなった今年のE3。
さらに今年からはついに一般向けにも会場を開放するということで少なからず期待はありました。

上のTwitter拡散度合で言うとアサシンクリードシリーズなどに軍配が上がるようですが、
個人的に今回一番注目を浴びたと思われるのがPS4の『モンスターハンター:ワールド』。
ナンバリングタイトルではありませんが、実質『5』とも言うべき新しいモンハンです。
従来より数倍増しになったマップはスムーズに、縦横無尽に駆け回ることができ、
しかも木の上から水中まで、あらゆる場所へ移動することが可能に。
モンスターとの戦いでも土地を利用して罠に掛けるなどといったトリッキーなことができたり、
あるいはモンスター同士が戦うといったこともあり、サバイバル色がぐっと濃くなりました。
もちろんマルチプレイも可能(4人まで)。
マップが広いので、信号弾のようなものを撃って場所を教え合うことも可能。
携帯機ではなく、またNintendo Switchにも非対応とのことで、
MHP2ndから続く「みんなでわいわい」路線とは一線を画すプロユーザー向けのモンハンのようです。

microsoft陣営からは『Minecraft』が同社に買い取られてからの一大プロジェクトであった、
全プラットフォームがついに現実になるという発表がありました。
今夏を皮切りに、マイクラはPC版、コンソール版、モバイル版すべてで同じ環境が遊べるようになり、
クロスプラットフォームでマルチプレイが遊べるようになるとのこと。これはすごい。
さらに発表された秋以降のアップデートでは4Kディスプレイに対応。
そしてついに公式版影MODとも言うべきリアル描写機能が追加されます。
こればかりは動画を観ないとすごさが分からないと思うので、気になる方はこちらを是非。

自分がマイクラを知ったのは正式版リリース前年の2010年なので……
もうかれこれ八年が経とうとしているんですね。おっそろしい……。

任天堂からはやはり注目の的は『スーパーマリオ オデッセイ』。10月27日発売決定。
他にもカービィ新作とメトロイドプライム4の発表に大きな注目が集まっていたようです。
オデッセイは帽子を当てたオブジェクト(敵、ロケット、さらに通行人まで!)を乗っ取って
マリオのように操作できるというとんでもない自由度の高さを披露。これRTA可能なのか……?
これはもう間違いなくやると思います。思えば3Dマリオもサンシャイン以来なんですよね。
2Dを含めても『スーパーマリオメーカー』以来か。
他にもさりげなくポケモン次回作はNintendo Switchとなることが発表されました。
こうやって携帯機を主としてきたタイトルは徐々にスイッチへ以降していくんでしょうかねぇ……。

以下、ネガティブ意見になりますが、
各社それなりにヤマはあったと感じられるカンファレンスだったと思います。
ただ、Nintendo Switchを“今買う理由”になり得るものは完全に空振りだったのは事実で、
本体を買うタイミングをどうするべきか、困ってしまったというのが正直なところです。
なにしろさすがにあるだろうと思っていたバーチャルコンソール周りの発表が皆無だったので。
ピンポイントな予想が外れたからといってカンファそのものを否定する理由にはなりませんが、
しかしここまで音沙汰がないとVCが無いこともあり得るんじゃないか、と邪推してしまったりも。
先日も有料サービスの詳細が発表されましたが、
そこでレトロゲームはいくつかパッケージされてオンライン対戦に対応するとの発表があり、
嫌な予感がしたのは事実です。リメイクして手間をかけて有名どころだけはリリースできても、
汎用性のある過去作のエミュレート環境は
実はNintendo Switchには搭載していないのではないか……と。
まぁ、Wii Uのときも本体発売からVCリリースまで5ヶ月かかっているので
まだまだ様子を見るべき期間なのかもしれませんけどね……。

それからE3といえばピクミンですが(?)、こちらも音沙汰はありませんでした。
『ピクミン4』を開発していることはすでに宮本さん筋で認めており、
「完成に近付いている」という発言があったのがすでに二年前。
そう考えると今回のE3で発表されてもおかしくないのではないかと思っていましたが、
こちらもまだまだ時期尚早ということなんでしょうかね。

というわけでモンハン、マイクラ、マリオになかなかにワクワクしたE3でしたが、
しかし直近の穴は依然として塞がりそうにない、そんな空虚感があったことも否めない発表会でした。

コメントを残す