#4931

地力を試す長距離走


ピクミン旧作に本格的に手を出すようになってからなんやかんやで一年半以上経っていますが、
さすがに最近、気になったステージを選んでプレイするだけではなかなか更新できず、
なかなか行き詰まりを感じることも多くなってきました。
ということで先週末、純粋な地力を試す意味で
「チャレンジモード全公式超えRTA」に挑戦してみました。
自分はかつて2007年秋にニコニコ動画というサイトで
全ステージ公式記録超え(かつ自己ベ超え)をするという企画をやっていましたが、
割と早い段階からモチベとの戦いになり、長い放置期間を経て完走したのは2013年春。
実に六年かかっていることになるわけですが、
今回はリアルタイムアタック、
つまりぶっ続けでやってそのクリアタイムを競おうというのがこの種目になります。

実際のところ公式記録というものはそこまで絶望的に手強いわけではありません。
「任天堂の公式記録」と聞くといかにも強そうなイメージがありますが、
ステージによってはノーミスクリア相当にさえ達していなかったりします。
言い訳がましいですが、2007年当時はどちらかというと「自己ベ更新」が大きな壁になっていて、
2007年以前にやり込んでいたステージでつっかえることの方が多く、
特に後半はもはや公式記録超えという当初の目的はあまり意識していなかったように思います。
現在のピクチャレ大会実績でも、自分の最低順位が18位に対して公式記録の最高順位は24位。
ここまでの差があるなら、歴13年ならきっとどうにかなるはず。
ということでやってみた結果、夕食休憩による一時中断を除いて
「4時間33分26秒」にて、なんとか完走と相成りました。
リアルタイムアタックは一時中断が認められないので今回のは厳密にはノーレコードです。

公式記録は最初のステージほど手強いという特徴があるようです。
なかでもタマゴありステージのうち
「こてしらべの洞窟」「新参者の試練場」「グリーンホール」「どっすん迷路」
の4ステージはタマゴムシを出しているため、
1セット待ちの運ゲーをするかタイムボーナスで最大100点分上回る必要があり、やや手強いです。
逆に、「赤の洞窟」「三色試練場」「土とんの洞窟」「地底警備室」「倍々ゲームの穴」
の5ステージはノーミスクリアを達成していないため、若干犠牲が出ても超えられることがあります。
他はせいぜい「ショイグモの巣」がビギナーにはやや辛いボーダーラインではありますが、
ある程度やり込んでいれば意識しなくても超えられる点数。

やってみた感じ、体感としては公式記録超えというより「全ノーミスクリアRTA」に近く、
実際に壁として立ちはだかるものはスコアよりもステージ構造そのものでした。
なので公式記録は序盤ほど手強い傾向にはあるものの、
リアルタイムアタックとしては終盤ステージをいかに最小リトライ数で済ませるか、
ということの方が重要のように感じます。特に最後の一行(倍々ゲームの穴~デメマダラの巣窟)は
天罰の穴を除くすべてのステージでそれなりに物量があり、
特に「デメマダラの巣窟」はB5Fまである大長編なので最後に事故ると悲惨です。
最高難易度の「天罰の穴」はそもそも普通にやっても突破率が低いので
下手に高スコアを狙った立ち回りをしようとするとかえって泥沼にハマってしまう気がします。

まぁでも、全体としてとても地力を試されているという感じは強くありました。
ピクミン2チャレンジモードはどうしても総合スコアが上がれば上がるほど
1ステージに集中してやらざるを得ない側面があるため、
苦手なステージや伸びしろのないステージは放置されがちになります。
結果として、ステージは30あるのに実際にここ半年で着手したのはわずか数ステージ……
という状況に自分も陥りかけていたので、
地力を試すついでに、いろんなステージともう一度向き合ってみるという意味で
今回このRTAをやってみたというわけです。

とりあえず今回のは正式な記録としては残せないので、4時間切りを目指してまたリベンジですかね。
週一か隔週ごとにこれをやるだけでもなかなか良い腕試しになりそう。