#4935

剥がれ落ちていく懐古


ゲームのプレイ日記


先日、身内間でちょっとしたプチ懐古ブームが起こり、
ゲームボーイやゲームボーイアドバンスのソフトを遊んでいました。
そのときにどうしてもゲームボーイミクロのACアダプターが見つからず、
後日調べてみたらもう純正品は滅多に手に入れられない激レアアイテムと化しているようで。
非純正の怪しいものであればAmazonでも手に入れることはできるのですが、
充電に関わる周辺機器であることを考えると変なものを掴まされたときのリスクが大きいような。
さらに調べてみると、2017年現在でもミクロより前に発売されたアドバンスSPについては、
公式サイトで購入することができるようになっています。
厳密には売っているのは初代ニンテンドーDS用なのですが、
アドバンスSPはこれと共通の端子を持っているので難なく充電できるというわけです。

初代DSの発売は2004年末で、実はミクロはそれよりも遅い2005年09月13日なのですが、
ミクロの方が先に周辺機器の販売を停止してしまうのは単純に生産ラインの都合なのか、
あるいはニーズの問題なのか……。
こんなことなら予備を買っておくべきだったなと少し後悔しています。
本腰入れて実家中を探し回ればまだ見つかるかもしれませんが。

ゲームボーイミクロといえば高校時代、
休み時間に『スーパーマリオブラザーズ2』を遊びたいクラスメイトに
引っ張りだこにされていた、という印象がとても強いです。あの頃は楽しくゲームしてたなぁと。
思えば自宅でこれを使ってがっつりゲームをプレイした機会はあまりなく、
小ささ故に持ち運んで遊ぶための端末だったなと思います。
当時は初代DSもあり、『メテオス』『直感ヒトフデ』などのやり込み系はすでに揃っていたので、
一人でやるのはDSが中心だったような。
今思えば、当時今では考えられないくらい金銭的にカツカツだったのに、
あれだけDSが充実している状況でよくミクロを買えたなぁ……。
もちろん、それだけ所有欲を満たすのに余りある魅力があったということなんでしょうが。

ミクロに限らず、前世代以前のゲームは
少しずつ本体の故障やカートリッジの電池切れで遊べなくなっているものが増えてきており、
いつかこの辺を一斉に洗い出してお金で解決できるものは解決したいと思っているのですが……。
いつになることやら。

コメントを残す