#4939

旅のお供の小型端末


デジモノ


長らく放置していた七代目携帯『iPhone 5s』ですが、
来たるべきサブ端末運用の日に備えて今更ながらアプリの整理をしていました。
ダウンロードしたのはホーム画面1ページ目にあるこの19本。
Wikipediaだけは完全に暇つぶし用ですが、他は現行機のiPhone 7Plusにも入っている鉄板です。
というより今回はメイン機に入っているアプリをとりあえず入れてみた感じで、
サブ機としてちゃんと想定して入れているのは『SMARTalk』くらいですかね。

なんかこう定期的に取り憑かれたかのように二台持ちしたくなることがある自分ですが、
当時何故二台持ちをしようと思ったのかというと、
まず2008年当時、実際に二台持ちしていたときは
当時はガラケーでしかできないこととスマホでしかできないことがあるという事情があり、
それでやむなしというところもあったかと思います。
それで二台持ちという特殊な使い方の味を占めてしまったというのもあるのかも。
結局そのあと、iPod touchとスマホの併用が2014年まで続いていたわけですしね。
このときに二台持ちする理由というのは、今度はAndroidにできてiOSにできないことと、
iOSにできてAndroidにできないことが多くあったからでした。
あとは2011年前後のスマホはバッテリーがとにかく持たないので、
予備バッテリー的な意味合いもありましたね。

それがiPhone 5s以降でそれらの問題が一気に解決してしまったので、
二台持ちをする意味がなくなってしまったというのが2014年秋以降で、
そのまま今に至るというわけです。
なので、ソフトウェア的な制約はiOSでもう大半はカバーできてしまっているんですよね。
iPhone 7Plusになってさらに利便性が向上して、
なおさらAndroidをメインで持つ意味がなくなってしまったと。
もうこれ一台でスマホどころかPCの代替としてすら機能する部分もあり、
もはやミニPCとしての役割を内包していると言っても過言ではないでしょう。

そんな状況の今、改めてサブ機を持つ意味はなんなのかというと、
それは小型端末であるという魅力です。
iPhone 7Plusは文字通り全部入りの最強スペックですが、その分かなり大型になり、
基本的に片手だけですべて完結することができなくなりました。
これは、素早く出し入れしたり操作したりする必要のある外出中などにおいては欠点になります。

これを踏まえて、例えば去年GWのような旅行をもう一度する機会がある場合には、
プリペイド式の格安SIMは用意したいなと思っているんですよね。
先日の福島日帰り旅行の際にもポケモンGOとメモ帳と撮影を一台で処理するのは物理的に難しく、
結果的にポケモンGOを全面的に諦めるという事態になったということがありました。
あれはサブ機があったらもう少しスムーズだったんじゃないかなと。

そういうわけなので、普段使いから二台持ちが必要というわけではないのですが、
旅行など外出を考えたとき、やはり二台目は欲しいというのが現状です。
こう考えると、小型でカメラなど外出時に使う機能を重視した端末が理想的なんでしょうかね。
iPhone 5sでもそこそこ要件を満たしているとは思いますが、
フルセグなどハードウェア的な機能まで考慮するとサブ機はAndroidの方がいいのかも……。

まぁあれですね、とりあえずこの辺の妄想を具現化するかどうかは
次の旅行計画を考え初めてからですかね。

コメントを残す