#4942

新たな舞台の前週祭


いよいよ発売が翌週に迫った『』、
その前夜祭と称した4時間限定のフェスイベントを2時間半ほどプレイしてきたので感想を。

といってもがっつり書くようなことがあるわけでもなく、
結論から書けば
「みんながやっているから、という理由だけで無理してこれと本体を買うほどの価値はない」
という印象でした。

発売前情報を一通り見るとフレンド機能が強化されていることからも分かる通り、
基本的にこのシリーズは前作の初回アップデート以降、
フレンドがいてナンボのゲームになっており、続編たる今作もその例外ではありません。
フェスでは通常の野良マッチに加えてフレンド4人でチームを組むことができ、
これを活用できれば、まあさすがにかなり楽しめるのではないかと思います。
しかし、それはフレンドが4人きっちり揃った場合の話。
3人以下の場合、つまり一人でも欠けるとマッチングは成立しません。
自分は今回、本体が携帯機になったことで身内間でもチームが組めるかもという期待から、
流行圧力に負ける形で本体の購入を決意したわけですが、
初っぱなの体験版から「4人未満では不可」という壁にぶち当たり、
なんというか購入前からすでに先が思いやられています。
その懸念がスイッチ購入前にもなかったはずがないのに、
「まあいつかどうせ買うものを少し早く買うだけだから」と軽い気持ちで買ってしまったことは、
もしかしたら大失敗だったんじゃないか、と個人的にこの体験会では
却って製品版への不安が増す形となってしまいました。
ローカルマッチングできないなら自分にとっては単なる前作の焼き増し作品に過ぎないわけで、
その前作が二ヶ月持たなかった現状を鑑みると、
同じようなシステムでソロプレイが果たして一ヶ月も持つのか、という……。
ということなので、基本的に前作で思うような結果を出せずにすぐ飽きた、
という方には少なくともオススメできません。良くも悪くも前作そのままのシステムなので。

まぁぶっちゃけ帰省のタイミングでは身内だけでもスイッチユーザーは4人になるので
そのタイミングで活躍の機会があることは間違いないのですが、
フレンド3人以下+野良で補完というシステムがないと続けるのは難しいかなという感じ。
ただそれはあくまでみんなと遊びたいという気持ちのもとにある考え方で、
例えば『クラッシュ・ロワイヤル』のように各自がひたすらレートを上げ、
それを競い合うというやり込み的な遊び方ならまだソロでも望みはあるか。
基本的にはその遊び方で、フレンドがたまたま4人揃ったときに腕試しといった感じですかね。
少なくとも、フレンド機能が前面に押し出されているからといって、
フレンドマッチングができるものと期待しているといろんな意味でがっかりさせられます。

ちなみにゲーム内容としては、戦績は13勝15敗と微妙に負け越し。
一番勝てたステージは「コンブトラック」の4戦1敗でした。
前作ではほぼシューター専門でやってきた自分は
今回新登場の二丁拳銃「スプラマニューバー」を試してみましたが、
エイム力のない自分にとっては射程範囲の広いこちらの方が使い勝手がよさそう。
スペシャルウエポンはステージによって使い勝手が随分変わるので、
同じ性能のブキのブランド違い(=スペシャル・サブだけが異なるブキ)を集めることになりそう。

そういうわけで発売を前にしてイカ2の期待を増すイベントかと思いきや、
3人以下のフレンドとのマッチングができない仕様にがっかりして、
ついでに負け越しという戦績もあってむしろ本番が不安になってしまった体験会でした。
とはいえもう乗りかかってしまった船。
そろそろ、これをイカに乗り越えていくかということを考えていくべきでしょうかね。
それでなんだかんだ紆余曲折を経て楽しめる方向に持って行ければいいのですが……。