#4947

抜き取りたい本能


今年もいよいよ暑くなってきたので薬局に行って夏対策グッズを買ってきたのですが、
そのときに各種制汗シートのすぐ隣に
「角栓がごっそり取れる!」という売り文句で置いてあった男性向け鼻パックが目に入り、
特に深く考えずに買ってみることにしました。
で、帰宅して入浴後やってみると、確かにごっそりと取れました。
自分のは角栓というよりもただの角質のかたまりといった感じでしたが……。
皮脂腺に沿ってなのか、とても綺麗に等間隔に並んでいました。
人間の皮脂腺にはかなりの確率でニキビダニという極小生物が住んでいるらしいのですが、
今回のこれで相当数のダニを駆除したことになるのかならないのか。

しかし決して綺麗ではないしどちらかというと汚い話なのですが、なんなんでしょうね、この解放感。
突然話は変わりますが
『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』というゲームには
裏ボスとして「超ガルデス」という敵キャラが存在します。
このキャラクターは足下に生えているトゲを全部取らないと攻撃が通らないのですが、
このトゲを取る作業がなんとも言えず気持ちいいんですよね。
その辺の感覚に今回の鼻パックに似ている何かを感じます。
草むしりを始めると楽しくて止まらなくなる、とかも似ている気がしますね。
なんなんだろう、何か抜きとるという作業は人間の本能をくすぐるところがあるんだろうか。
そういえば犬猫にぬいぐるみなどのおもちゃを与えると、
突起部分を引っこ抜かれて丸裸にされるということがよくありますが、
もしかして人間に限らず脊椎動物の本能的な何かに由来するものなんだろうか……?

ともあれ、今回特に何も考えずに買った鼻パックですが
思いのほか爽快感があったのでよかったなぁという話です。
自分はこの辺の表面的な身体のケアは基本的にあまり考えてきませんでしたが、
外見云々はともかく病気のリスクになるものは
少しずつ意識していく段階にきているかもなとは思っています。
角栓はともかく、放置しても痛くないけれどずっと放置していくと後戻りできなくなる、
というような症状は例えば虫歯だけの話に限らないでしょうしね。