#4956

休暇のキャパシティ


繁忙期を乗り越えて迎えた三連休の一日目。
これも多忙な時期に恒例の現象ですが、繁忙期を乗り越えてやっと辿り着いた連休は、
その序盤を無気力状態で消化しまいがちです。
今回で言えばほぼ定時退勤だった昨夜と、そして今日。
まぁ体力を回復するための連休なので致し方ないと言ってしまえばそれまでの話ですが、
ここで襲い来る「無気力なまま時間を消耗するのは勿体ない」という気持ちとどう戦うか、
というのは思いのほか難しい問題です。
これと真正面から向き合うと、体力回復中なのに今度はオフ作業のことで気持ちが一杯になって
結果的に心理的にはさっぱり休めないということが往々にしてあるわけで。

自分は繁忙期終盤、三連休が確定してからは連休中に「少なくともここまではやろう」
というボーダーラインをあれこれ考えていたのですが、
初日を過ごしてみて、これは普通の連休の感覚では無理だなという思いに至りました。
なのでオフでもやるべきことは本当に本当に詰まっているのですが、
この三連休はとりあえず体力その他を水面上まで持っていくというところに集中する方針で。
ということを何度も書いて自分に言い聞かせていこうかと思います。

こうして考えると、自分のためだけにやることはただ休みがあるだけではダメで、
平日をある程度余裕を残して乗り切って、
本当に余裕そのものしかない休日を得られて初めて進むものなんだなと思わされます。
繁忙期にどうやって趣味を維持していくかというのは
今回の反省から次の方針をいろいろと決めていかなければならないことでしょうが、
夏の繁忙期は少し間を開けて来月下旬にも来るため、
その間にやっておきたいことも今のうちに勘定しておかないとマズいことになりそう。

さて、自分が次のステップに進むのはいつになることやら。
なんかこう、ブログやってると自分が停滞しているときは同じ事を書かざるを得ないので
客観的に停滞しているかどうかがすぐ分かってしまってそれが逆に辛いですね。
次にいかねばという義務感を必要以上に背負ってしまうというか。
停滞しているのはむしろそのせいだったりするんだろうか。