#4961

余剰時間活用


今日の出来事


今なにげなく先週末~今週にかけてのiTunesの音楽再生履歴を見てみたのですが、
平日退勤後の再生時間はゲームをしなかった日は3時間半~5時間で、
休日の再生時間は5~6時間と、上限と下限で見れば大差ないということがわかりました。
自分にとってはほとんど作業時間≒音楽再生時間で、
再生する音楽は最近再生していない楽曲群をスマートリストにまとめているので、
重複による誤差もほとんどないはず。
なのでこれは要するに平日アフターファイブに休日と同じ程度の作業をしていることを意味します。
これを素晴らしきかな閑散期、と平日のハマり具合に喜ぶべきなのか、
それとも休日も所詮は平日並みしか作業できていない現状を嘆くべきなのか……。

いくつか補足しておくと、先週末はモニタ新調に伴ってデスク周りの模様替えをしていて、
その際にはPCをシャットダウンしなければならなかった都合上、
聴いていた音楽はiPhone経由のためまだ再生履歴に反映されていません。
これがなんだかんだで二日間合計で3~4時間くらいは取られているので、
これを作業時間としてカウントすればまあそれなりに差は付きます。
他にもポケGO名目で出掛けたりもして、
先週末三連休は思えばいつものように家でがっつり作業、という感じではなかったですね。

ただ前々から薄々感じていたこととして、
休日もちょっと外出などのイベントを挟んでしまうと、作業可能時間って意外と少ないということ。
行って帰ってくるだけでも移動時間でざっと1時間、
1時間ぷらぷらしていればそれだけでもうトータルコスト2時間は下らないわけです。
普段12時に起きていたのに二度寝してしまって14時に起きると強い時間的損失を感じますが、
「ちょっと出掛ける」というイベントも実はそれと同じくらいのコストがあるんだなと。

とはいえ、1~2時間程度のことにいちいち目くじら立てていたら
せっかくの休日も気が休まらないので、その辺は単純な損得勘定で片付けられないのでしょうが。
まぁ、なんにせよ休日だからといって無限に時間にあるように期待するのは禁物ですね。
とりあえず今はここ数日アフターファイブにがっつり作業できていることを喜んでおきますか。
今日も20時半から22時半まで仮眠を取っていて、
その直前直後は著しく体調が悪かったのですが日付変更線後から持ち直して
昨日の続きをひたすらやっていました。
決して大きく前進したわけではないのですが、
平日作業の場合、所詮は勤務日に余った体力を活用しているに過ぎないという感覚なので、
進捗が微妙でも「まぁ平日だしこんなものでしょ」と割り切れるのがいいですね。
休日もそうありたいところですが。

コメントを残す