#4963

利己心のかたまり


今日の出来事

あれもこれもと思い詰めてなんだかんだでどれも手についていないので、
とりあえず何も考えなくても進められるブログ執筆を片付けてしまうことにします。
というわけで先月末の怒濤の繁忙期、
そしてそれによって発生した副産物であるところの山のようなオフ作業群を先週末に片付け、
比較的余裕はあるはずの二連休その一日目であるわけですが。
振り返ってみるとやったことの成果としては微妙止まりですかね。

昨日も書きましたが今日は恒例の親の実家の地元である花火大会で、
結局昨年に続いて自主的にパスする流れになりました。
こうなると何がマズいって、今までは花火があるという大義名分があったからこそ帰省していたのに、
花火そのものはこれからも変わらない以上は、
自分たちの意識が変わらない限りはもう夏に帰省する理由がなくなってしまうということ。
オンラインゲームみたいに「久々だから何かいろいろ新要素があるだろう」
みたいな感覚にはなれないわけで、かといって花火に夢中になれる純粋な自分にはもう戻れない……。
こう考えると、なんとか維持したいと思い続けてきた子ども時代の帰省は
すでに二年前に終わっていたと考えるべきなのかもしれません。
これからは他人とのつながり、世間体、そういったものが大義名分になるんでしょうね。
それを現状のように面倒くさいと思っている限りは年二回以上も帰省もありえないだろうなぁ。
年一回も現状だとどうなることやら。

という話を書いていたら突然電話がかかってきて
なんの脈絡もなく「彼女と別れたけどすぐに次の彼女できたわー!!」とハッピーな報告を頂きまして、
本当に久々に他人のことを心の底から「×××××」と思いました。
爆発しろとは言いませんが
他人を慮ることができないのに他人を自己顕示のために利用しようとする人は、
今の自分の倫理観ではどう考えても悪者の類なので、
どこかで巡り巡ってとびっきりの不幸に遭っていただけるようにと切に願っております。
それこそ、小中高大と16年間、他人を慮ることのできなかった自分が、
ここに至って「花火以外に夏帰省する理由が見つからない」
と思ってしまうほどの利己心のかたまりになってしまったように。

コメントを残す