#4971

予測不能の一身


夏休み1日目。

さて今年もいつの間にか夏休み、もといお盆連休、もといただの四連休が始まったわけですが。
初日の今日は寝起きから倦怠感が半端ではなく、
もうこれを無理になんとかしようとしても無駄な足掻きと悟ったので
今日はもう空振りということで観念することにしました。

どうも口内上顎側に違和感があり、歯茎全体にかゆみがあるのが気になるところ……。
風邪を引くと同じような症状が出ることがあり、これだけ全身に倦怠感があるので
単に職場の冷房、屋外、睡眠環境の落差による夏風邪なんじゃないかなとは思っていますが、
少し調べてみると虫歯から神経を伝って上顎が炎症を起こすこともあるそうで、
これも風邪に似たような症状を引き起こすんだそうです。
実は今ちょうど治療中の虫歯の仮蓋が先日取れてしまって放置していたところだったので、
これが原因で歯性感染症が発症している可能性を考えるとちょっとヤバいかも。
まぁでも先日の治療では神経には到達していないという話だったので杞憂だとは思いますが。

ちなみに夏の体調不良というと連想ゲームのように
「バカは風邪引かない」「夏風邪はバカが引く」という慣用句を思い出しますが、
そもそもこれは「バカは冬に風邪を引いても夏になるまで気付かない=超鈍感」という意味だそうで、
バカは体調管理できないといった意味ではないらしいです。
クーラーが必須となった今の時代、むしろ夏の方が体調管理難しいんじゃないかとは思うし、
夏風邪を引いたからといってバカにする風潮はさすがにもうそろそろ古いのではないかと。
小学生時代には一学期の終わりに風邪で欠席したクラスメイトをこの慣用句で煽ったものです。

夏季四連休は手に届きそうな計画を立てよう、と週明けに言っていたのも束の間、
計画もよく練ったとは到底言い難い状態で連休に突入してしまい、
そして初日からこの体たらくというのはさすがにちょっと……。
でも考えてみれば、体調不良も当然日々の生活で起こりうることで、
それが起こっただけですべて破綻する「」って本当に立てる意味あるのか、
と思ってしまいますけどね……。これが仕事なら代替の人間に動いてもらえば住む話ですが、
あくまで自己満足の世界ではそれができるわけでもなく。
あー、一日空振りでも許される腹八分目でも満足できる心が欲しい。

明日は体調不良が少しでも良くなったら外出メインの一日にするつもりですが、
とりあえず体調に従うことにするつもり。
まーがっつり引きこもり四日間でもそれはそれで休息期間としては十分なのかもしれませんが……。
できれば2017年だけの何かに手を付けたいなぁーと。